はっすとん

ハースストーンのブログ。まとめやデッキ紹介をしてます

【ハースストーン】5/23にバランス調整を実施!【ローグナーフ】

5月23日のアップデートで複数のカードがナーフされることが発表されました↓

 

 

 

「悪党同盟の悪漢」 - 体力を4に変更。(5→4に減少)

f:id:bonkula-t:20190521170028p:plain

微調整といった感じのナーフ。これならまだ全然使える!なぜ《マナ・ワーム》もこのような調整にできなかったのか。。

 

「段取り」 – 「このターン、自分が次に使用する呪文のコストが(2)減る」に効果を変更。

f:id:bonkula-t:20190521170302p:plain

ナーフ最有力と言われていたカードについにメスが入った。調整内容も大方の予想通り。これならまだまだ使える範囲でしょう。

 

「ぶんどり部隊」 – コストを4マナに変更。(3→4に増加)

f:id:bonkula-t:20190521170049p:plain

コンボカードのコスト増は痛い。《段取り》のナーフも相まって、このカードは当分使われなくなりそう。

 

「文書管理官エリシアーナ」 – コストを9マナに変更。(8→9に増加)

f:id:bonkula-t:20190521170208p:plain
《悪意の銀行家》や《若き酒造大師》でこのカードを使い回せなくするための調整。これで【コントロールウォリアー】ミラーでの時間の無駄が減るでしょう。

 

今回のナーフは公式がバランス調整の経緯や各カードナーフの理由を詳細に語っているのと、“過剰なナーフ”が無かったためこれまでに比べると納得度は高い。

しいて言うなら《段取り》をナーフするなら《ぶんどり部隊》は据え置きで良かったんちゃうか?くらい。

ただローグを弱体化させることでメイジとハンターの二強環境になったら今以上に寒くなりそう。。