はっすとん

ハースストーンのブログ。まとめやデッキ紹介をしてます

ゴルガリ腐れ巨人(Scamdon)MTGAデッキ紹介

ゴルガリ腐れ巨人
スタンダード
 ゴルガリ腐れ巨人

メイン マナ 枚数
縫い師への供給者 (黒) 2
マーフォークの枝渡り (1)(緑) 4
野茂み歩き (1)(緑) 4
クロールの銛撃ち (1)(緑) 2
光胞子のシャーマン (黒)(緑) 3
翡翠光のレインジャー (1)(緑)(緑) 4
真夜中の死神 (2)(黒) 4
疫病造り師 (2)(黒) 2
貪欲なチュパカブラ (2)(黒)(黒) 2
ゴルガリの拾売人 (黒)(黒)(緑)(緑) 1
殺戮の暴君 (4)(緑)(緑) 2
腐れ巨人 (7)(黒)(緑) 3
壊死性の傷 (黒) 2
採取 (黒/緑)(黒/緑) 2
  4
  7
草むした墓   4
愚蒙の記念像   4
森林の墓地   4
合計(メイン)   60
合計(サイド)   0

 

 

 

探検を持つクリーチャーと《野茂み歩き 》のシナジーを活かした【ゴルガリミッドレンジ】をベースに、《縫い師への供給者》《光胞子のシャーマン》といった墓地肥やしクリーチャーを採用することで《腐れ巨人》の低コスト展開も狙えるようにしたデッキ。

f:id:bonkula-t:20190303223213j:plain

f:id:bonkula-t:20190303223226j:plain

f:id:bonkula-t:20190303223242j:plain

探検もデッキトップが土地で無ければ墓地肥やしができるため、《腐れ巨人》とシナジーがある。

 

従来の【ゴルガリミッドレンジ】よりも墓地肥やし手段が大幅に増えたことで《採取+最終》でのサルベージ効果がより活かしやすくなり、

f:id:bonkula-t:20190303223121j:plain

さらなるサルベージ手段として《愚蒙の記念像》《ゴルガリの拾売人》も採用されている。

f:id:bonkula-t:20190303223156j:plain

f:id:bonkula-t:20190303223142j:plain