はっすとん

ハースストーンのブログ。まとめやデッキ紹介をしてます

トークンドルイド(Kycoo使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓

 

 

 

トークンカードとして優秀な反面、マナを吸ってしまうことからバフカードと組み合わせずらかった《動き回るマナ》は抜き、代わりに《ヴァイオレット・アイの講師》《魔力の暴帝》を採用することで展開力を維持しつつ全体バフをより活かせるように。

f:id:bonkula-t:20180528180430p:plain

f:id:bonkula-t:20180528180426p:plain

 

《練気》は《ヴァイオレット・アイの講師》と相性が良く、疑似コインとして扱えるため使い勝手も良い。《拡がりゆく虫害》や《究極の侵蝕》を1ターン早く撃てるのもこのデッキにとっては重要。

f:id:bonkula-t:20180528185656p:plain

 

新たな全体バフとして《進化の胞子》がピン刺しされているのも特徴。

f:id:bonkula-t:20180528185630p:plain

攻撃力+3に適応できればこれ単体でリーサル火力を狙うことができ、他のバフカードと組み合わせて疾風に適応できればより確実なOTKが可能に。聖なる盾や体力+3、断末魔トークンに適応すれば場持ちがよくなると、どれを選択してもはずれがない。