はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

コントロールメイジ(Kibler使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓

 

《超うざい調剤師》《装甲虫》を採用することでアグロに対する序盤の対応力を高めつつ、中盤以降は《ドラゴンの憤怒》《ブリザード》《メテオ》といった優秀なAoEで盤面を捌いていける。

f:id:bonkula-t:20180216222709p:plain

f:id:bonkula-t:20180216222703p:plain

 

《シンドラゴサ》《アレクストラーザ》と二種のドラゴンを採用しているのも特徴。

f:id:bonkula-t:20180216222730p:plain

f:id:bonkula-t:20180216222722p:plain

《シンドラゴサ》から生成される《凍れる勇者》は《凍血の魔王妃ジェイナ》のヒーローパワーと非常に相性が良く、ウォーターエレメンタルを生成しながらレジェンドも獲得できる。

これらのドラゴンと獣の《ワタリガラスの使い魔》《装甲虫》があることから《キュレーター》から安定して2ドローできるのも強み。

f:id:bonkula-t:20180217025725p:plain

 

また《頽廃させしものン=ゾス》が採用されているのもこのデッキの特徴。

f:id:bonkula-t:20180216223453p:plain

このデッキの断末魔は《超うざい調剤師》《装甲虫》《ブラッドメイジ・サルノス》《パイロス》と《シンドラゴサ》で生成される《凍れる勇者》。これらの断末魔は回復または手札補充効果を持ち、ン=ゾスからこれらを一気に復活させることで消耗戦にもめっぽう強くなります。

 

このデッキのプレイ動画↓