はっすとん

ハースストーンのブログ。まとめやデッキ紹介をしてます

【空撃ちはしない?】《記録保管大臣》の効果と仕様

《記録保管大臣》の効果について分かったことをまとめておきます。

f:id:bonkula-t:20171215175846p:plain

・デッキ内に呪文が一種だけあり、その呪文の発動条件を満たしていない場合は《記録保管大臣》の効果は発動しない

例):相手の盤面にミニオンがおらずこちらのデッキ内の呪文が《精神支配》だけの場合

 

・デッキ内に呪文が二種あり、片方だけ発動条件を満たしている場合はかならずそちらを発動する

例):相手の盤面にミニオンがおらずこちらのデッキ内の呪文が《琥珀の中に眠るもの》《精神支配》の場合、必ず《琥珀の中に眠るもの》が発動する

 

つまり《記録保管大臣》の実際の効果は『自分のターン終了時、自分のデッキにある発動条件を満たしている呪文1つを使用する(対象はランダム)』ということになる。

空撃ちで無駄にデッキの呪文を消費することがないというのは優秀なポイントですね。この仕様を知って個人的には【召喚師ドラゴンプリースト】の評価がかなり上がりました。