はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

コントロールウォーロック(Savjz使用レジェンド4位)デッキ紹介

デッキレシピ↓

 

デッキの悪魔を《ヴォイドロード》だけにすることで《取り憑かれた従者》から確定で招集できるのが強み。

f:id:bonkula-t:20171214164721p:plain

f:id:bonkula-t:20171214164729p:plain

この動きからテンポをとりつつ固い盤面を作ることができるため、アグロ相手にもコントロールゲームに持ち込みやすい。

 

1ターン目《コボルトの司書》、2ターン目ヒーローパワー、3ターン目《ストーンヒルの守護者》または《チキチキ穴掘り師》といった動きから序盤はハンドアドを取りながらミニオン展開していくのが理想。

f:id:bonkula-t:20171214162809p:plain

f:id:bonkula-t:20171214162829p:plain

これらのミニオンは《アメジストの小呪文石》のアップグレードトリガーにもなり、強化したこの呪文を使うことでテンポを取りながら消費したライフを一気に回復できる。

f:id:bonkula-t:20171214164803p:plain

 

《回廊漁り蟲》が採用されているのも特徴。

f:id:bonkula-t:20171214164840p:plain

これまでは主にアグロで採用されてきたカードだが、ハンド維持力がありAoEも豊富、かつミニオンも多数採用しているこのデッキならこのカードのコストを極限まで下げやすい。

 

《第一使徒リン》の存在からコントロールデッキ相手にも有利に立ち回れる。

f:id:bonkula-t:20171214163914p:plain

相手がコントロールデッキと分かったら出来る限り素早くこのカードの断末魔を発動させることで相手にプレッシャーを与えていきたい。

 

《ヴォイドロード》《第一使徒リン》共に断末魔から多数の悪魔を展開できることから《屍山血河のグルダン》《頽廃させしものン=ゾス》どちらとも相性が良い。

f:id:bonkula-t:20171214164630p:plain

f:id:bonkula-t:20171214164533p:plain

これらのカードから後半戦でも圧倒的なバリューを出せるのも強みです。

 

このデッキのプレイ動画↓