はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

《世界樹の小枝》カード考察

f:id:bonkula-t:20171122153103p:plain

 

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するドルイド専用レジェンド。

凄まじい断末魔を持つ武器。空でないマナクリスタルであるため、この武器が破壊されれば即座に10マナ分追加で使用できるようになる。

自分のターンでマナを使いきった後にこの武器の断末魔を発動させることで追加で10マナ獲得でき、1ターンで最大20マナ使用することも可能。

 

耐久が5と多いため、この武器を出したターンから5ターン連続で殴り続けないと断末魔を発動できない遅さは弱点ともいえるが、《ガーディアン・メディヴ》で武器を張り替えることで即座に断末魔を発動させることが可能。

f:id:bonkula-t:20171122153259p:plain

現在の【翡翠ドルイド】【ランプドルイド】ではこの《ガーディアン・メディヴ》がほぼ必須で採用されているため、このコンボも活かしやすいだろう。これで回復した10マナから《究極の侵蝕》などの高マナ呪文に繋げることで即座にメディヴ武器の効果を活かせるのもオイシイ。

 

個人的には前パックの《究極の侵蝕》と同じレベルのぶっ壊れカードだと思います。このカードの効果自体が《究極の侵蝕》と相性が良いのもヤバい。

【翡翠ドルイド】【ランプドルイド】では必須で採用されるでしょうね。ほんとドルイドはどこまで脳筋化していくんだ。。