はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

【ローグ】

クエストローグ(Uberer使用レジェンド11位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《含み笑う発明家》ナーフの影響を最も受けたデッキと言っていい【クエストローグ】。 このデッキは《含み笑う発明家》の代わりに《蝋のエレメンタル》を二枚採用した『博士のメカメカ大作戦』登場以前のテンプレ構築に戻っている。 対アグ…

【キングスベインローグ】デッキ紹介

デッキレシピ↓(2018年10月18日時点での最新テンプレ構築) // 《大逆の刃キングスベイン》を強化し続けることでボードコントロールしていくデッキ。 キングスベインは《致死毒》《毒物学者》《人斬りバッカニーア》《グリーンスキン船長》から強化すること…

【断末魔ローグ】デッキ紹介

デッキレシピ↓ (2018年10月12日時点での最新テンプレ構築) // 強力な断末魔を持つ《デビルサウルスの卵》《ブライトノズル・クローラー》《メカ・チビドラゴン》《肉食キューブ》と、 《ネクリウムの刃》《ネクリウムの小瓶》のシナジーを活かしたデッキ。…

断末魔クエストローグ(rhoast使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《大洞窟のキラキラ拾い》《ネクリウムの刃》が採用されているのが特徴の【クエストローグ】。 《ネクリウムの刃》から《火成のエレメンタル》の断末魔を発動させることができ、本体の断末魔と合わせれば一気に4枚の《フレイム・エレメンタ…

【奇数ローグ】最新デッキレシピまとめ

プロプレイヤーが使用した最新の【奇数ローグ】デッキレシピまとめ //

クエストローグ(Zarathustra使用レジェンド7位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《マイクロロボ操縦者》の採用。 クエスト達成後は3マナで4/4三体になり一気に戦力として化ける。 《影隠れ》《若き酒造大師》で本体をバウンスして使い回せば簡単にミニオンを増殖していけるのも強力。 同じく1枚で3体…

奇数メカローグ(Paperninja使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《メカンガルー》《悪夢の融合体》《含み笑う発明家》と奇数の汎用性の高いメカを採用することで《ウォーギア》での超電磁を活かせるようにしたデッキ。 《ウォーギア》を超電磁すればそのターンに+5/+5で殴れるため、テンポを取りながらよ…

クエストローグ(Sipiwi94使用レジェンド24位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 新規カードで採用されているのは《含み笑う発明家》。 クエスト達成後は聖なる盾・挑発を含む4/4三体になり、戦力・壁として非常に優秀なミニオンに化ける。 クエスト達成前の壁としても汎用性が高く、《含み笑う発明家》本体をバウンスで…

奇数ローグ(Starfruit使用レジェンド4位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《ブラッドナイト》の採用。 環境で採用率の高い《含み笑う発明家》へのカウンターとして非常に有効で、相手の聖なる盾二つを吸収しつつ、自身のスタッツが9/9まで跳ね上がる。 このデッキ自体にも《アージェントの従騎…

ミラクルローグ(Kyouma使用レジェンド25位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《改造エレク》を採用することで《ファルドライ・ストライダー》の効果を2倍にできるように。 コントロールデッキに対してはこのコンボから湧き出る大量の4/4でプレッシャーをかけていける。 《含み笑う発明家》を採用することでアグロへの…

奇数ローグ(Zeeland使用レジェンド25位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 新規カードで採用されているのは《イカレた化学者》《マイラの不安定元素》《マイラ・ロットスプリング》の3枚。 《イカレた化学者》からこのデッキの火力がさらに向上し、特にコントロール相手への攻めがより強くなる。 《マイラの不安定…

マリゴスローグ(Dog使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《ネクリウムの刃》または《ネクリウムの小瓶》からのOTKコンボを狙ったデッキ。 コンボ手順はこちら↓

【テスローグ】デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 新規カードの《マイラの不安定元素》《学術スパイ》を採用した【テスローグ】。 このデッキの理想的な動きがこんな感じ↓ 《マイラの不安定元素》からデッキを引ききる→《ファルドライ・ストライダー》を出す→次のターンに確定で4/4三体召喚…

【複製ローグ】デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《ホッピングホッパー》《ファルドライ・ストライダー》を《ラボの採用担当者》《改造エレク》で大量複製することでバリューを出すデッキ。 《エルフの吟遊楽人》《逃げ足》《マイラの不安定元素》といった豊富なドローソースからデッキに…

《ネクリウムの小瓶》を使ったOTKコンボ

コンボパーツ: 手札に《ネクリウムの小瓶》《段取り》《コボルトの幻術師》《マリゴス》《レイザーペタル》×3 // コンボ手順: 《コボルトの幻術師》を出す→《段取り》⇒《ネクリウムの小瓶》と使い手札のマリゴスの1/1コピー二体を召喚→《レイザーペタル》3…

《メックトゥーン》を使ったドルイド・ローグのOTKコンボ

『博士のメカメカ大作戦』で登場する中立の新カード↓ // ドルイドなら《メックトゥーン》+《練気》+《自然への回帰》で1ターンで断末魔発動が狙える ドルイドはドローソースが豊富なためデッキを掘り進めやすく、デッキが0になったら手札を上記の3枚だけ…

《ネクリウムの刃》を使ったリロイ21点火力コンボ

コンボパーツ: 手札に《リロイ・ジェンキンス》《肉食キューブ》があり、《ネクリウムの刃》が耐久1で装備状態 // コンボ手順: 《リロイジェンキンス》を出し攻撃→《肉食キューブ》でリロイを食べる→《ネクリウムの刃》で攻撃しキューブの断末魔を発動→複…

《ネクリウムの刃》を使ったマリゴスOTKコンボ

コンボパーツ: 手札に《コボルトの幻術師》《マリゴス》《凶悪なる一撃》×2《腹裂き》×2があり、《ネクリウムの刃》が耐久1で装備状態 コンボ手順: 《コボルトの幻術師》を出す→《ネクリウムの刃》の攻撃から《コボルトの幻術師》の断末魔を発動し手札の《…

《マイラ・ロットスプリング》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ // これ本体のスタッツは2,5マナ相当、断末魔の発見は1マナ相当、となると1,5マナ相当以上の断末魔効果が欲しいところ。 発見から断末魔を得られるため、バリューの高い断末魔効果を選びやすいのはメリ…

《学術スパイ》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ // 相手クラスのカードを10枚もデッキに仕込めることから《亡霊カトラス》《テス・グレイメン》と相性が良い。 《マイラの不安定元素》を使った後のデッキ補充としても有用。 デッキに入れたカードは全…

《ホッピング・ホッパー》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ // 同名カードをプレイするたびデカくなるメカ。 普通にデッキに二枚入れただけでは最高でも3/3にしかならないが、《ラボの採用担当者》で複製したり《影隠れ》でバウンスすることで大幅にバフを伸ばし…

《プライトノズル・クローラー》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ 急襲・猛毒を呼び出せるのは強いが、断末魔なので即効性が無い。 またメイジ・ドルイド・ローグが相手の場合、ヒロパで断末魔のウーズを処理されてしまうのも辛い。 ローグは現状断末魔とシナジーのあ…

《マイラの不安定元素》は【キングスベインローグ】の強化カード!?

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ // このカード、【キングスベインローグ】とめちゃくちゃ相性が良いです。 《大逆の刃キングスベイン》の効果からデッキ切れの心配の無い【キングスベインローグ】ならこのカードのデメリットを気にせ…

ミラクルローグ(Cantelope使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《苔むしたモノノケ》の採用。 【ミラクルローグ】の苦手な横展開系デッキへのカウンターになるカード。今の環境だと【奇数パラディン】【偶数シャーマン】に特に刺さり、ドルイドの《拡がりゆく虫害》への解答にもなる…

【奇数ローグ】ワイルドデッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《南海の甲板員》に加え、《バッカニーア》《怪盗紳士》《海賊パッチーズ》とワイルドの優秀な海賊を採用することで《南海の船長》を活かせるように。 デッキの海賊が増えたことで《闇商人》からもテンポが取れる。 これらのカードから、よ…

キングスベインローグ(勝率58,8%)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // デッキに2マナ以下のミニオンを《大洞窟のキラキラ拾い》だけにすることで《ウィッチウッドの笛吹き》から安定してサーチできるように。 これにより《大逆の刃キングスベイン》の使い回しがより捗ります。 《ドス》《ナイフの雨》《逃げ足…

テステンポローグ(Jamble使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 【テンポローグ】の安定感のある立ち回りと《幻覚》《ブリンク・フォックス》《貌を蒐めるもの》から得た他クラスのカードを《テス・グレイメイン》でブッパする爆発力を兼ね備えたデッキ。 デスナイトカードも《テス・グレイメイン》から…

ヒーローチェンジで《テス・グレイメイン》が無双する!?

《幻覚》から《屍山血河のグルダン》などの他クラスのヒーローカードを発見しそれを使うことで、《テス・グレイメイン》が無双します。 ヒーローカードからヒーローのクラスが変わることで、《テス・グレイメイン》の効果からこれまでに使用したローグカード…

テス・カトラスローグ(Kibler使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《幻覚》《掏り取り》《ブリンク・フォックス》と相手クラスのカードを得られるカードを豊富に採用し、《亡霊カトラス》《テス・グレイメイン》のバリューを最大限に高めることを狙ったデッキ。 《影隠れ》がこのデッキではいい味を出しており…

クエストローグ(Surrender使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ このデッキの特徴は《火成のエレメンタル》の採用。 これ単体で二体のフレイム・エレメンタルを確保でき、同じくフレイム・エレメンタルを獲得できる《ファイア・フライ》と合わせれば序盤から安定してクエスト達成を狙うことができる。 クエ…