はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

《マジウザ・オ・モジュール》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するパラディンの新カード↓ // 4マナ超電磁というのが非常に優秀で、3ターン目《刈入れゴーレム》or《悪夢の融合体》⇒4ターン目《マジウザ・オ・モジュール》で超電磁⇒5ターン目《ウォーギア》or《ジリアックス》で超電磁、と…

《素体フレームロボ》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場する中立の新カード↓ // 2マナでスタッツ合計が6なのはコスパが高い。体力偏重なのも、場持ちが良く超電磁で強化しやすいことを考えればメリット。 3マナ超電磁の《クモ爆弾》ならマナカーブ的にも自然に強化ができ相性が良い…

コントロールウォーロック(Gaara使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《ヴォイドロード》に加え《卑劣なるドレッドロード》も採用することで《マナアリの髑髏》を活用できるようにした【コントロールウォーロック】。 《卑劣なるドレッドロード》はボードコントロールを重視したこのデッキと喰い合わせが良く…

《ジリアックス》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場する中立の新カード↓ 超電磁:メカミニオンの左側にこのカードを手札から召喚した場合、そのメカと合体する(スタッツと効果の合算された一つのミニオンになる) 聖なる盾・生命奪取・急襲の組合せから即座に相手ミニオンを一…

《荒ぶる雨雲》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するシャーマンの新カード↓ // ランダムなエレメンタルを手札に加えることができ、自身もエレメンタルであることから《ブレイズコーラー》《原始の王カリモス》などのエレメンタルシナジーが安定するようになる。 また後続の…

『博士のメカメカ大作戦』新規カードまとめ(7/18更新)

ドルイド ハンター 超電磁:メカミニオンの左側にこのカードを手札から召喚した場合、そのメカと合体する(スタッツと効果の合算された一つのミニオンになる) メイジ ローグ シャーマン ウォリアー 中立 『博士のメカメカ大作戦』:2018年8月8日リリース

【ハースストーン闘技場】ヒーローごとの平均勝率まとめ

1:ウォーロック(52,2%)2:ローグ(50,9%)3:パラディン (50,5%)4:プリースト(50,4%)5:メイジ(49,4%)6:シャーマン(49,3%)7:ハンター(49,1%)8:ドルイド(48,2%)9:ウォリアー(47,4%) 闘技場は定期的に内部調整が行われているた…

コントロールメイジ(Gaara使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 【ビッグスペルメイジ】から《ドラゴンの憤怒》《魔力加工師》などのビッグスペルシナジーを抜き、代わりに《フロストボルト》《始原の秘紋》《魔力なる知性》といった汎用軽量呪文を採用したデッキ。 アグロに強かった《ドラゴンの憤怒》…

ミッドレンジドルイド(Beco使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《樫の召喚》での招集から《傷を負った剣匠》《キング・ムクラ》をデメリット無しで展開しテンポを取れるのが強みのデッキ。 これらのミニオンは3マナなので手札に来てもマナカーブ的に自然に動けるのも強み。3マナが薄く4マナが厚いドルイ…

《生物学プロジェクト》+《終末預言者》のコンボが強い

1ターン目《生物学プロジェクト》⇒《終末預言者》のコンボが強そうです。 // 《生物学プロジェクト》でのマナ加速から1ターン目から《終末預言者》を出すことができ、次の相手ターンのミニオン展開をほぼ確実に封じることができる。 これにより相手もマナ加…

クエストプリースト(Savjz使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《結晶体の託宣師》《戦利品クレクレ君》《ボーン・ドレイク》に加え、《沼のドラゴンの卵》《アーファス》とハンドを得られる断末魔を豊富に採用しているのが特徴の構築。 《沼のドラゴンの卵》は攻撃力が0だが、《蜃気楼の呼び手》《ト…

《クモ爆弾》カード考察

『博士のメカメカ大作戦』で登場するハンターの新カード↓ 超電磁:メカミニオンの左側にこのカードを手札から召喚した場合、そのメカと合体する(スタッツと効果の合算された一つのミニオンになる) 断末魔に《必殺の一矢》を内蔵したミニオン。2/2に3マナ相…

《オメガ・ディフェンダー》は【クエストウォリアー】と闘技場で活躍できそう

『博士のメカメカ大作戦』で登場する中立の新カード↓ // 10ターン目以降に出せば4マナ12/6挑発という恐ろしいサイズになるミニオン。 マナ加速の得意なドルイドならより速いタイミングで強化できるでしょう。 挑発持ちでマナ加速と相性の良いカードであるこ…

《エレクトラ・ストームサージ》の効果仕様(オーバーロードとの相性は微妙?)

『博士のメカメカ大作戦』で登場するシャーマンの新カード↓ // 雄叫びを二回発動させる《ブラン・ブロンズビアード》と同じ仕様なら、二回目も同じ対象に呪文が使用される。 このカードに《大地の力》を使えば+4/+4しつつ二枚のエレメンタルを手札に加えるこ…

《生物学プロジェクト》はドルイドの新たな汎用マナ加速カードになる!?

『博士のメカメカ大作戦』で登場するドルイドの新カード↓ // 相手にも恩恵があるとはいえ、1マナで2マナ加速は破格。 空のマナクリスタルではないので、増やした2マナはそのターン中に使うことができる。既に10マナある状態でも1マナで2マナ回復になることか…

《占星術師ルナ》は【テンポメイジ】のドローソースになる!?

『博士のメカメカ大作戦』で登場するメイジの新カード↓ // 緩い条件でドローでき、3マナ2/4というスタッツも悪くない。 軽量カード主体のアグロデッキなら序盤から状況に左右されず手札の一番右のカードを切っていけるため、より安定したドローソースとして…

ケレセスビッグスペルメイジ(Molossus使用レジェンド72位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《ケレセス公爵》の採用。 【ビッグスペルメイジ】は呪文を高マナのものだけに絞った構築になるためミニオンの比率が高くなる点、また長期戦を前提に戦うデッキである点から《ケレセス公爵》のバフの恩恵を活かしやすい…

《マイラの不安定元素》は【キングスベインローグ】の強化カード!?

『博士のメカメカ大作戦』で登場するローグの新カード↓ // このカード、【キングスベインローグ】とめちゃくちゃ相性が良いです。 《大逆の刃キングスベイン》の効果からデッキ切れの心配の無い【キングスベインローグ】ならこのカードのデメリットを気にせ…

クエストバーンプリースト(Lowseeker使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《預言者ヴェレン》《思念撃破》を採用することでバーンダメージでの勝ち筋を持てるようにした【クエストプリースト】。 《金箔のガーゴイル》からコインを得ることで1ターンで《預言者ヴェレン》と《思念撃破》二枚を使うことができ、一気…

キューブ奇数プリースト( Thijs使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // ヒロパが4回復になることで耐久力が高くなるのが強みの【奇数プリースト】。 このデッキの特徴は《デビルサウルスの卵》《肉食キューブ》の採用。 《肉食キューブ》から《デビルサウルスの卵》を割りつつ複製することで高いバリューを出せ…

ビッグメイジ(Savjz使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 高マナ呪文を厚く採用する【ビッグスペルメイジ】にさらに複数の高マナドラゴンを採用することで《マスター・オークハート》⇒《ドラゴン孵化師》コンボを活かせるようにした構築。 《シンドラゴサ》《始祖ドレイク》は《凍血の魔王妃ジェイ…

奇数ローグ(Zalae使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《ネルビアンの説凶師》《ヴォイド・リッパー》の採用。 《ネルビアンの説凶師》は無敵を付与することで一方的なトレードが狙えるようになり、テンポが取れる。突撃を持つ《南海の甲板員》とは特に相性が良く、《冷血》…

マーロックプリースト(Trump使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // マーロックシナジーを活かしたプリーストでは珍しいアグロデッキ。 《影の超越者》がアグロと特に相性が良く、《ノースシャイアの聖職者》《光熱のエレメンタル》《真言・盾》と優秀な軽量カードが揃っているのがこのデッキの強み。 序盤か…

奇数挑発ドルイド(Purple使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 【キューブ挑発ドルイド】のキーカードである《ハドロノックス》《魔女の刻》《肉食キューブ》がいずれも奇数コストであることに目を付けた奇数デッキ。 《マスター・オークハート》⇒《ドラゴン孵化師》⇒《眠れるドラゴン》のムーブも奇数…

断末魔キューブハンター(Pandadude使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 多数の断末魔ミニオンを採用した【キューブハンター】。 これにより《死にまね》だけでなく、《テラースケイルの追跡者》《霊の歌い手ウンブラ》《骸後家蜘蛛》からも断末魔シナジーを活かせるようにし、《肉食キューブ》を絡めたバリュー…

ミラクルローグ(Cantelope使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《苔むしたモノノケ》の採用。 【ミラクルローグ】の苦手な横展開系デッキへのカウンターになるカード。今の環境だと【奇数パラディン】【偶数シャーマン】に特に刺さり、ドルイドの《拡がりゆく虫害》への解答にもなる…

ヒールズーウォーロック(Takas使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 回復効果を持つミニオンを多数採用することで《ライトウォーデン》《ハッピーグール》の効果を活かせるようにした【ズーウォーロック】。 《コボルトの司書》《炎のインプ》やヒロパから能動的に自傷ダメージを受けることができるため、回…

ズーウォーロック(BuckNaztyZB使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《ネルビアンの説凶師》の採用。 序盤から盤面を取りやすい【ズー】ならこのカードの効果を活かしやすく、《アケラスの古残兵》《ダークアイアンのドワーフ》などのバフカードと組み合わせればテンポを取りながら相手の…

進化シャーマン(Thijs使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《不安定な進化》《告死隠者スロール》での進化からバリューのある盤面を作ることを狙ったデッキ。 4マナミニオンを二体展開できる《サロナイト鉱山の奴隷》や緩い条件でコスト減できる《回廊漁り蟲》が特に進化と相性が良い。 《シャダウ…

ビッグドルイド(Zridex使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《野生の繁茂》《欲張りスプライト》《滋養》から素早くマナ加速し、大型ミニオンを連打することでバリュー勝ちを目指すデッキ。 《マスター・オークハート》から確実に《ドラッカリの呪い師》《ドラゴン孵化師》の招集ができ、《ドラゴン…