はっすとん

ハースストーンのブログ。海外で活躍したデッキを紹介してます

【ハースストーン】最新環境でのTierランキング(2018/11/19更新)

Tier 1(平均勝率55%以上) 1 奇数パラディン 2 偶数シャーマン 3 偶数パラディン(↑1) 4 秘策ハンター(↓1) Tier 2(平均勝率55~50%) 5 奇数ローグ 6 ズーウォーロック 7 断末魔ハンター 8 呪文ハンター 9 マーロックメイジ(↑1)10 偶数ウォーロック…

【ハースストーン】最新環境でのデッキ使用率ランキング(2018/11/19更新)

1 ズーウォーロック(7,4%) 2 断末魔ハンター(6,3%) 3 奇数パラディン(6,3%) 4 偶数ウォーロック(5,1%) 5 シャダウォックシャーマン(4,7%)↑1 6 奇数ローグ(4,4%)↓1 7 テンポローグ(3,9%)↑1 8 マリゴスドルイド(3,4%)↓1 9 クローンプ…

【ハースストーン闘技場】ヒーローごとの平均勝率まとめ(2018/11/19更新)

1:ウォリアー(53,0%)2:ローグ(52,5%)3:ウォーロック(50,9%)4:ドルイド(49,3%)5:メイジ(49,1%)6:プリースト(48,9%)7:ハンター(48,0%)8:パラディン(47,5%)↑19:シャーマン(47,1%)↓1 闘技場は常に調整されている ハーススト…

【ハースストーン】ワイルド環境のTierランキング(2018/11/17更新)

Tier 1 1 奇数ローグ 2 偶数シャーマン 3 奇数パラディン 4 レノロック 5 ビッグプリースト 6 翡翠ドルイド 7 海賊ウォリアー Tier 2 8 キューブウォーロック 9 トグワグルドルイド10 偶数ウォーロック11 秘策ハンター 12 キングスベインローグ13 レノプリー…

【海賊ウォリアー】ワイルドデッキ紹介

デッキレシピ↓ // ウォリアーの優秀な武器と海賊ミニオンでのシナジーを活かしたアグロデッキ。 海賊ミニオン主体にすることで《艦載砲》《南海の船長》からテンポを取れるのも強力。 武器とミニオンの両輪で攻められるため火力が非常に高く、武器・ミニオン…

『天下一ヴドゥ祭』新規カードまとめ(2018/11/16更新)

『天下一ヴドゥ祭』:12月5日リリース 新能力『血祭』:超過ダメージを与えた場合に効果を発動する ドルイド ハンター メイジ パラディン // プリースト ローグ シャーマン ウォーロック ウォリアー 中立

《大虎ノーム》ついに汎用2マナ挑発キタ!

『天下一ヴドゥ祭』で登場する中立の新カード。 2マナ中立についに汎用挑発ミニオンの登場。 元のスタッツもコスト相当だが、相手の盤面に二体以上のミニオンがいれば2/4になれる。対アグロなら2ターン目でも安定してその効果を活かすことができ、特に【奇数…

《死の精霊》カード考察

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するプリーストの新カード。 《死のロア・ブワンサムディー》と相性が良い。 《死の精霊》の効果でミニオンを1マナにしてデッキに仕込み、《死のロア・ブワンサムディー》からそれらをまとめてドローすればすぐにアドバンテージ…

《死のロア・ブワンサムディー》の登場でプリーストにアグロの時代が来る!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するプリーストの新カード。 【アグロプリースト】が始まりそうなカード。 プリーストの1マナミニオンは《ノースシャイアの聖職者》《結晶体の託宣師》が扱いやすく、他にも中立の1マナミニオンを豊富に採用したアグロ構築にする…

【ケレセスビッグスペルメイジ】デッキ紹介

デッキレシピ↓ // このデッキの特徴は《ケレセス公爵》の採用。 【ビッグスペルメイジ】は呪文を高マナのものだけに絞った構築になるためミニオンの比率が高くなる点、また長期戦を前提に戦うデッキである点から《ケレセス公爵》のバフの恩恵を活かしやすい…

クエストハンター(Thijs使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 1マナミニオンからクエスト達成を狙う【クエストハンター】。 《鴉使い》《トルヴィア番兵》から1マナ補充ができ、《毒虫使い》を絡めれば猛毒を付与できる。 1マナ主体のデッキなので《ケレセス公爵》も採用しやすい。 このデッキは《凄ま…

テスミラクルローグ(Kibler使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《ガジェッツァンの競売人》《逃げ足》の二種4枚採用をすることでドローの爆発力を最大限に高めた構築。 ドローソースが増えたことで《ファルドライ・ストライダー》の効果もさらに活かしやすくなる。 大量ドローからデッキ切れが早くなる…

木霊ポータルウォーロック(Thijs使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // 《召喚のポータル》で手札のミニオンのコストを下げ、《グリンダ・クロウスキン》から木霊を得ることでミニオンの大量展開を狙ったデッキ。 《ミートワゴン》の断末魔を使うことで実質0マナで《召喚のポータル》を出すことができ、そこか…

ミラクルローグ(kribo使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ // "ミラクル”を担うドローソースとして《ガジェッツァンの競売人》《逃げ足》の代わりに《マイラの不安定元素》を採用した構築。 デッキを引ききってしまうデメリットはあるものの、5マナという軽さで最大10枚ドローできるのがこのカード最大…

《タイム!》は《アイスブロック》以上の無敵カード!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するパラディンの新カード。 《虚ろのヴァリーラ》の雄叫びだけを取り出したような効果。 無敵は隠れ身と違って対象を取らないダメージも受けないため、このカードの効果の方がより優秀。 相手に盤面を取られている時もこのカー…

《コウモリの精霊》カード考察

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するウォーロックの新カード。 《入魂》と比較するとこのカードの弱さが良く分かる。 《入魂》は1マナですぐに+2./+2のハンドバフができるのに対し、このカードは2マナでしかも味方のミニオンが死ななければハンドバフできない。…

《エサ付きの矢》カード考察

血祭:超過ダメージを与えた場合に効果を発動する // 『天下一ヴドゥ祭』で登場するハンターの新カード。 体力2以下のミニオンをこれで破壊することで5/5を召喚できる。血祭を発動出来ればコスト以上の仕事ができるが、発動できないと5マナ3点ダメージなので…

《スプリングポー》はハンターの新たな汎用1マナミニオン!

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するドルイドの新カード。 体力が1減った代わりに急襲のついた《ファイア・フライ》。 1/1というスタッツは1ターン目の動きとしては微妙だが、急襲から中盤以降も細かな盤面処理に役立つ。 また獣なので《放電レイザーモー》《猟…

《獰猛な強襲兵》カード考察

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するドルイドの新カード。 2マナ2/3でメリット効果持ちはそこそこ優秀。ヒロパとセットで使えば、このカードの効果で1点ダメージ、さらにドルイド自身で1点攻撃ができるため、細かな盤面処理が捗る。 《魔蝕の病霜マルフュリオン…

《サメの精霊》カード考察

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するローグの新カード。 雄叫びに加え、コンボも二回発動できるようになるのが強力。 《SI:7諜報員》は4点ダメージを飛ばせるようになり、《エルフの吟遊楽人》は4枚ドローでき、《エドウィン・ヴァンクリーフ》はさらなる超強化…

《大砲連射》カード考察

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するローグの新カード。 盤面に二体以上の海賊がいればコスト以上の仕事ができる。 海賊主体のアグロデッキを組み、序盤から海賊で盤面を取っていき、6ターンにこのカードを撃ってフィニッシュという流れが理想。 こちらが有利な…

《放火魔》はメイジ版《ノースシャイアの聖職者》!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するメイジの新カード。 3マナ3/4というスタッツにこの効果はかなり優秀。スタッツだけでも3マナ相当のものを持っているため効果を発動出来なくてもコスト相応の仕事ができ、長く盤面に残ればその分ドロー期待値も上がる。 優秀…

《不老不死の大祭司》はミニオン版キングスベイン!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するパラディンの新カード。 ミニオン版《大逆の刃キングスベイン》といった効果を持つ。 ただ武器だからこそ安定したループ性のあったキングスベインと違い、このカードはミニオンであるため沈黙や変身という弱点がある。そのた…

《スルスラズ》はとりあえず普通に汎用武器

血祭:超過ダメージを与えた場合に効果を発動する // 『天下一ヴドゥ祭』で登場するウォリアーの新カード。 4/2武器の《トゥルーシルバー・チャンピオン》が4マナ、3/4武器の《アサシンブレード》が5マナなのを考えると、6マナ4/4武器の時点でコスト相応。 …

《カエルの雨》は【偶数シャーマン】【オーバーロードシャーマン】の強化カード!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するシャーマンの新カード。 2/4挑発は2,5マナ相当で、それを3体出すため7,5マナ相当のバリューになる。 とはいえ、複数の挑発を並べるカードの優秀さは《サロナイト鉱山の奴隷》《含み笑う発明家》で証明されており、同じ系列の…

《虚無の契約》はコンボデッキキラーになる!?

『天下一ヴドゥ祭』で登場するウォーロックの新カード。 【マリゴスドルイド】や【シャダウォックシャーマン】などのキーカードを潰す手段として使える。 【マリゴスドルイド】ならマリゴスはもちろん火力呪文を潰すことで敵の勝ち筋を減らすことができ、【…

《怪力乱心》は対コントロールで輝く!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するプリーストの新カード。 すごいメリットがある代わりにとんでもないデメリットもあるカード。 3マナ失うというのは特に対アグロでは致命的で、これを使ったらその恩恵を受ける前にほぼ100%相手に轢き殺される。 逆に序盤は…

《トラのロア・シャヴァーラ》は【クエストパラディン】で使いたい

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するパラディンの新カード。 聖なる盾・急襲・生命奪取の組合せの強さは《ジリアックス》で証明済み。 このミニオンのスタッツを考えれば、このカードは9マナ相当のバリューがあると言える。 大量の呪文を使用しなければコスト減…

《呪術司マラクラス》が普通に強そうな件

『天下一ヴドゥ祭』で登場するメイジの新カード。 先行なら3枚、後攻なら4枚のハンドアドを得られるミニオン。 先行でも5マナ相当の効果になり、これ自身も4,5マナ相当のスタッツがあるため、単純にコスパが高い。しかも後攻ならさらにコスパが高くなる。 "…

《コウモリのロア・ハイリーク》は【ズーウォーロック】の新たな切り札になる!?

// 『天下一ヴドゥ祭』で登場するウォーロックの新カード。 そのまま出しても8マナで最大1/1七体なのでコスパが悪い。ただコピーを召喚する性質からハンドバフ・デッキバフとは非常に相性が良い。 《ケレセス公爵》から強化するだけで8マナで最大7体の2/2に…