はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

パワーカード4枚がナーフ!アップデート10.2の内容と感想

アップデート10.2でのバランス調整が発表されました↓

 

この調整でナーフされるカードが以下の4枚↓

《ボーンメア》: コストを8マナに変更

f:id:bonkula-t:20180131140217p:plain

 

《回廊漁り蟲》: 攻撃力を2に変更

f:id:bonkula-t:20180131140308p:plain

 

《海賊パッチーズ》: 「突撃」を削除

f:id:bonkula-t:20180131140440p:plain

 

《縛鎖のラザ》: 「雄叫び: 自分のデッキに重複するカードがない場合、この対戦中、自分のヒーローパワーのコストは(1)になる。」に効果を変更

f:id:bonkula-t:20180131140717p:plain

 

このアップデートは2月中に実施される模様。

 

アップデート10.2の個人的な感想

正直、今回のナーフはやりすぎだと思います。《回廊漁り蟲》以外はナーフする必要なかったでしょ。

《ボーンメア》は構築での採用率は実際そこまで高くなく、《海賊パッチーズ》のナーフは妥当ではあるけど今更感が強いし、今のハースストーンで最も使用率が高く人気のある【ハイランダープリースト】を《縛鎖のラザ》のナーフで潰すのも意味不明。

上記の三枚はパワーカードではあるけれど、環境バランスを崩すほどではなく、プレイヤーも納得して使用していたカードだったはず。それを無理やり下方修正する方がヘイトが集まる気がします。

唯一ナーフの必然性があった《回廊漁り蟲》も過剰に弱体化しすぎ。せめて3/5か4/4で良かったのでは?
2/5になってしまったこのカードを使おうと思うプレイヤーはさすがにいないでしょう。

 

 個人的にはこんなナーフ調整よりも、今の環境でほとんど活躍できていないウォリアーとシャーマンのアッパー調整をして欲しかった。

強いカードを弱くするより、弱いヒーローのカードを強化する“バランス調整”の方がみんな喜ぶと思うんだけどなぁ。