はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《狐のマリン》採用型【コントロールウォーロック】デッキ紹介

デッキレシピ↓

 

《狐のマリン》を採用した【コントロールウォーロック】。

f:id:bonkula-t:20171107203126p:plain

《捻じれし冥界》から宝箱を破壊しながら盤面リセットできるのが強み。このカードがあることで劣勢時でも積極的に《狐のマリン》を出していける。

f:id:bonkula-t:20171107193722p:plain

同じく宝箱を簡単に破壊できるカードとして《イカれた錬金術師》も採用されている。このカードは《終末預言者》やシャーマンのトーテム対策としても使えるため単体での汎用性も高く使いやすい。

f:id:bonkula-t:20171107193843p:plain

 

《寝返り》が二枚採用されているのもこのデッキの特徴。

《ハウルフィーンド》と組み合わせたハンデスコンボや↓

《終末預言者》を送り付けることでの確定全体除去コンボに使えるのはもちろん、相手の出した《狐のマリン》からこちらの盤面に出た宝箱を相手に送りつける用途としても使える。
宝箱の断末魔は『相手に宝物を一つ与える』であるため、《寝返り》から相手に送りつけることで相手の《狐のマリン》からこちらが宝物の獲得を狙えるようになる。

 

【コントロールウォーロック】本来のコンセプトはそのまま、《狐のマリン》というカードのポテンシャルを敵・味方関係なく活かせるのがこのデッキの魅力です。