はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ドラゴンソウル》カード考察

f:id:bonkula-t:20171105025126p:plain

 

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するプリースト専用レジェンド。

1ターンに呪文を三回使用するという条件がなかなか厳しく、《太陽の砕片ライラ》などを絡めないと安定した連続発動は難しい。

《影の幻視》なら一枚で二度呪文を使えるため、カウントを稼ぎやすい。

それでも通常のデッキではこのカードの効果を安定して発動させるのは難しいだろう。

ただこのカード最大の魅力は下記のコンボにある↓

 

《ドラゴンソウル》を使った強力コンボ

《ドラゴンソウル》を装備し、盤面に《光熱のエレメンタル》が二体並んでいる状態なら《影の幻視》から《影の幻視》を発見し続けることで0マナ呪文を連打することができ、盤面に5/5ドラゴンを並べ続けることが出来る。

f:id:bonkula-t:20171105025048p:plain

f:id:bonkula-t:20171105025205p:plain

デッキ内の呪文が《影の幻視》を含めた三種以下なら確定で0マナ呪文ループができるため、盤面いっぱいに5/5ドラゴンを並べることも可能。

3ターン目《ドラゴンソウル》、4ターン目《光熱のエレメンタル》二体召喚から動けるコンボで、成功した時の爽快感は凄まじそう。

このコンボ狙いであえてデッキの呪文を《影の幻視》を含めた3種類だけに絞った構築にするのも面白そうですね。