はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《アルネス》カード考察

f:id:bonkula-t:20171104221230p:plain

 

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するメイジ専用レジェンド。

ターン終了時という遅さはあるものの、毎ターン3ドローという凄まじい効果を持つ武器。

ただ、攻撃力0であるため殴ることはできず能動的に耐久も減らせないため、その強制ドロー効果が逆にデメリットにもなり得る諸刃の剣。

 

《凍血の魔王妃ジェイナ》を軸に戦う【コントロールメイジ】では、長期戦前提の戦いになるため《アルネス》の大量ドローがこちらのデッキ切れを早めてしまうデメリットがある。また手札を保持して戦う性質上、カードを使いきれずに手札が燃えてしまうリスクもある。
ただ《ガーディアン・メディヴ》を出して武器を張り替えることでドロー効果を終了させることもできるため、使い方次第ではメリットだけを享受することも可能。

 

【クエストOTKメイジ】ではOTKパーツを素早く引き込めるようになるため非常に相性が良い。ただこちらも手札を保持しすぎると肝心のコンボパーツを燃やすはめになってしまうため、手札調整にはかなりシビアにならなければならない。

 

このカードを最もデメリットなく扱えそうなのが【秘策メイジ】。アグロよりのデッキで手札を切りやすいため上記のようなデメリットを気にせず、超優秀な手札補充手段として《アルネス》を活用できる。

 

このようにハイリスク・ハイリターンなカードだが、あらゆるメイジデッキで採用できる可能性もあり、ポテンシャルの高さは十分に感じる。

使ってみなければ強さが分かり辛い効果で、良くも悪くも登場後に評価が一変しそうなカードです。