はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

Pavel 翡翠ドルイド(HCT SUMMER CHAMPIONSHIP 2017)デッキ紹介

HCT SUMMER CHAMPIONSHIP 2017で海外のトッププレイヤーPavelが使用する【翡翠ドルイド】のデッキレシピ↓

 

このデッキの特徴は《ゴラッカ・クローラー》《ドブネズミ》が共に二枚採用されていること。

f:id:bonkula-t:20171008235717p:plain

f:id:bonkula-t:20171008235722p:plain

《ゴラッカ・クローラー》は【テンポローグ】をはじめ、現在流行しているアグロデッキがいずれも海賊を採用しており、対アグロへのメタとして非常に刺さることから。
序盤に《ゴラッカ・クローラー》、中盤は《拡がりゆく虫害》があることでアグロへも高い対応力を持つことが出来る。

《ドブネズミ》は相手のミニオンを引っ張り出すことで《精神支配技師》の効果を活かしやすくなるメリットがある。対アグロなら大型ミニオンを引っ張てしまうことも少なく、単純に2ターン目に出す壁としても有効で、雄叫びやコンボからテンポをとってくる【テンポローグ】相手には特に刺さる。
他にも【ハイランダープリースト】から《縛鎖のラザ》を引っ張り出せたり、【翡翠ドルイド】ミラーでは《翡翠の精霊》《翡翠の巨象》を引っ張り出すことで相手の翡翠テンポを奪ったりと、運要素こそあるもののあらゆるデッキに対するメタ的な活躍が期待できるのも強み。