はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ケレセス公爵》採用型【ディスカードズー】デッキ紹介

『凍てつく玉座の騎士団』のはずれレジェンド枠として当初は評価が低かった《ケレセス公爵》ですが、

f:id:bonkula-t:20170814160304p:plain

このカードを採用した【ディスカードズー】がレジェンド到達の快挙を達成しました↓

 

ヒーローパワーから積極的にドローをしていくズーは《ケレセス公爵》の効果を活かしやすく、またヒーローパワーを多用する性質上2マナを採用しない構築でもマナカーブ的に問題なく動いていくことができる。

2マナが無い分大量の1マナミニオンを採用しており、これにより序盤の展開力が上がり、手札消費が激しくなることから結果的にヒーローパワーも多用できるようになっている。

 

このデッキのもう一つの強みが《デビルサウルスの卵》のポテンシャルを最大限に活かせる構築になっていること。

f:id:bonkula-t:20170814160305p:plain

従来の《大食のプテラダックス》とのコンボはもちろん、このデッキは《ケレセス公爵》からのデッキバフや、同じ新規カードである《アケラスの古残兵》《ボーンメア》から《デビルサウルスの卵》に攻撃力を与えることができ、

f:id:bonkula-t:20170814160303p:plain

f:id:bonkula-t:20170814160335p:plain

《デビルサウルスの卵》を戦力に変えつつ、能動的に卵を割ることができる。

 

アグロデッキ特有の立ち上がりの強さはもちろん、《デビルサウルスの卵》《大食のプテラダックス》《ドゥームガード》《ボーンメア》から中盤以降もしっかり高い火力を出すことができ、ヒーローパワーのドローから息切れせずに波状攻撃を仕掛けられるのがこのデッキの強みですね。