はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《魔蝕の病霜マルフュリオン》カード考察

f:id:bonkula-t:20170808130042p:plain

※クモのスタッツは1/2、スカラベのスタッツは1/5

ヒーローパワー:攻撃力+3を獲得する または装甲+3を獲得する

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レジェンド。

雄叫びはどちらも5マナ相当、5装甲は1マナ相当で、後の1マナでヒーローパワーの変化といった感じ。

雄叫び効果は他のヒーローカードに比べて地味な印象を受けるが、その分使い勝手は良く、盤面状況によって猛毒・挑発を使い分けられるのも優秀。

ドルイドはマナ加速手段が豊富であるため、他のヒーロー以上に重めなヒーローカードを使いやすいのも強み。

ヒーローパワーは2マナで3点火力を出せるようになるのが強力。装甲の方も【メイジ】や【ハンター】など盤面以外から火力を飛ばしてくるデッキへの対応力を上げることが出来る。

 

他のヒーローカードが特定の状況・構築で活躍する効果が多い中、《魔蝕の病霜マルフュリオン》は上記のように、とにかく使いやすいのが最大の強みと言えるだろう。

マナ加速から早めにこのカードを使用し、雄叫びから盤面を作りつつ、毎ターンのヒーローパワーでしっかりバリューを取っていくという使い方が理想。

 

 

また雄叫び、ヒーローパワーどちらも選択であることから《ファンドラル・スタッグヘルム》とは非常に相性が良く、

f:id:bonkula-t:20170808133001p:plain

このカードが出ている状態なら《魔蝕の病霜マルフュリオン》のバリューも二倍になる。

 

上記の性質からミッドレンジ~コントロールよりの【ドルイド】ではほぼ必須で採用されており、《究極の侵蝕》と並んで今のドルイドを象徴するカードになっている。