はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《破壊王ガロッシュ》カード考察

f:id:bonkula-t:20170809204545p:plain

ヒーローパワー:全てのミニオンに1ダメージ与える。

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するウォリアー専用レジェンド。

雄叫びで装備されるシャドウモーンは、最大3体の敵に4ダメージを与えることができ非常に強力。自身がダメージを受けるのは攻撃対象一体からだけなので、気兼ねなく殴っていける。武器でありながらAoEのような使い方ができるのも優秀。

このカードを出したターンにすぐに4点の範囲ダメージを出せるため、劣勢からの切り返しとしても使いやすい。

 

ヒーローパワーは《旋風剣》と同じ効果に変化する。

《旋風剣》が1マナということを考えるとこれ単体での強さは微妙。

ただウォリアーにはピンダメージと相性の良いカードが多く、《苦痛の侍祭》や《ドグサレガオ》の効果トリガーに使えたり、

f:id:bonkula-t:20170809204554p:plain

f:id:bonkula-t:20170809204548p:plain

《 狂瀾怒濤 》から大量ドローが狙えたり、

f:id:bonkula-t:20170809204558p:plain

《止めの一撃》《魚のエサ》の発動トリガーとしても有効。

f:id:bonkula-t:20170809204556p:plain

f:id:bonkula-t:20170809204557p:plain

これらのカードを採用している【コントロールウォリアー】とは特に相性の良い効果と言えるだろう。

またシャドウモーンの攻撃と合わせて使えば、敵3体に5点ダメージを与えることもできる。

 

雄叫び・ヒーローパワー共に【コントロールウォリアー】のコンセプトとめちゃくちゃ噛み合っており、これを採用しない理由はないと言えるほど。

ただヒーローパワーが変わる性質上【クエストウォリアー】とは相性が悪い点は注意。