はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《影刈アンドゥイン》カード考察

f:id:bonkula-t:20170809145919p:plain

ヒーローパワー:2ダメージ与える。カードを使用する度再度使用可能になる。

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するプリースト専用レジェンド。

雄叫び効果が非常に強力で、劣勢な盤面を切り返すカードとして使うことができる。その効果の性質から軽量ミニオン主体のアグロ相手にはほとんど効果がないのが弱点だが、『凍てつく玉座の騎士団』では《ボーンメア》《リッチキング》やヒーローカードなど高マナ帯の汎用パワーカードが多数登場したことにより、新環境はミッドレンジ~コントロール主体になることが予想される。

そうなれば《影刈アンドゥイン》の効果も活かしやすくなり、特にほとんどのデッキで採用されるであろう《ボーンメア》《リッチキング》をまとめて潰せるカードとしての活躍が期待できる。

 

ヒーローパワーは回復がダメージに置き換わり、カードを使うたびに再利用出来ることから、軽量カードと組み合わせれば連続ダメージを狙うこともできる。

雄叫びから盤面を切り返し、次のターンからヒーローパワーを絡めて攻勢に転じるといった運用が理想だろう。

ヒーローパワーを0マナで使えるようになる《縛鎖のラザ》と組み合わせるとさらにエゲつないことになる↓

 

雄叫びを活かせる環境なら圧倒的なカードパワーを発揮できることから、環境メタ的な役割も担っているカード。