はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《影の超越者》カード考察

f:id:bonkula-t:20170807125721p:plain

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するプリースト専用コモン。

場に長くとどまるほどウマみが増すミニオン。

体力2なので場持ちは期待できないが、一度効果を使うだけでもコスト相応の働きができ、相手の除去が遅れればどんどんテンポを取っていける。

挑発ミニオンで守ってやれば、それを強化しつつ《影の超越者》自体の場持ちもよくなるためさらに強力。

1ターン目《ノースシャイアの聖職者》→2ターン目《影の超越者》→3ターン目《タール・クリーパー》の流れが相当強い。

 

このカードの強みを活かすなら上記の動きのように1マナミニオンと3マナ挑発が多めの構築にしたい。

【エレメンタルプリースト】なら《ノースシャイアの聖職者》に加え、《結晶体の託宣師》《ファイアフライ》といった優秀な1マナミニオンを多数採用でき、

f:id:bonkula-t:20170807125718p:plain

f:id:bonkula-t:20170807125719p:plain

《タール・クリーパー》ともシナジーを作れるため相性が良い。

f:id:bonkula-t:20170807125720p:plain

これまでのプリーストはミッドレンジ~コントロールよりのデッキしか組めなかったが、《影の超越者》が登場することでテンポよりの構築にも可能性が出てきた。