はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《クリプトロード》カード考察

f:id:bonkula-t:20170808133002p:plain

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用コモン。

攻撃力は1と低いものの体力が非常に高く、さらに自身の効果で体力を上げていくことも出来る挑発ミニオン。

その性質から敵を返り討ちにするのは苦手だが、攻撃を止める壁としての性能はこの上なく高い。

 

翡翠ドルイドなら《翡翠の精霊》《翡翠の巨象》《アヤ・ブラックポー》など一度に複数体のミニオンを展開できるカードと相性がよく、アグロへの足止めとしての活躍が期待できる。

f:id:bonkula-t:20170804191546p:plain

f:id:bonkula-t:20170804191550p:plain

f:id:bonkula-t:20170804191547p:plain

 

【アグロドルイド】なら《動き回るマナ》から一気に体力を伸ばすことが可能。

f:id:bonkula-t:20170804191545p:plain

このデッキ自体が軽量ミニオン主体で横並びの展開が得意なのも相性が良い。

このカードで他のミニオンを守ることで《蓮華紋》《野生の力》での全体バフも活かしやすくなるだろう。

f:id:bonkula-t:20170804191549p:plain

f:id:bonkula-t:20170804191548p:plain