はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《拡がりゆく虫害》カード考察

f:id:bonkula-t:20170808135950p:plain

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レア。

軽量ミニオンを大量に展開するアグロデッキへのカウンターとして非常に強力なカード。

逆に量より質の展開をするミッドレンジ~コントロールデッキに対してはこのカードの連続発動は狙いづらく、1/5という壁も相手の重量級ミニオンの前ではただの時間稼ぎにしかならない。

 

このカード最大の肝は、「相手の場のミニオンの数だけこのカードを発動する」ところ。

相手の場に3体のミニオンがいればこれ一枚で3回呪文を発動することができ、《希望の終焉 ヨグ=サロン》《魔力の巨人》など呪文の発動回数とシナジーのあるカードと非常に相性が良い。

f:id:bonkula-t:20170801103141p:plain

f:id:bonkula-t:20170801103142p:plain

他にも《ガジェッツァンの競売人》と組み合わせればこれ一枚から大量のドローを期待でき、

f:id:bonkula-t:20170801103139p:plain

さらに挑発ミニオンでの守りから《ガジェッツァンの競売人》の場持ちも期待できるようになる。

 

これらのシナジーから新しいタイプの【コントロールドルイド】を組める可能性を感じるカード。