はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ピュートリサイド教授》カード考察

f:id:bonkula-t:20170801103144p:plain

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レジェンド。

秘策を使用するとランダムな秘策のボーナスが付く。一枚の秘策から二枚分の秘策をセットできるのは単純に強力。

《覆面の女ハンター》と非常に相性が良く、この二体を揃えることで0マナで秘策を大量にセットすることが可能になる。

f:id:bonkula-t:20170723212110p:plain

3ターン目《覆面の女ハンター》、4ターン目《ピュートリサイド教授》からの大量秘策セットコンボは相当強力そう。

 

ハンターの秘策の中でも汎用性が高いのが《ヘビの罠》と《帽子から猫》。

f:id:bonkula-t:20170723212113p:plain

f:id:bonkula-t:20170723212112p:plain

どちらも緩い条件で盤面にミニオンを展開することができ、これらを0マナで使えれば大きなテンポを取ることが出来る。

 

また秘策を絡めたデッキにすることで《イーグルホーン・ボウ》のポテンシャルを最大限に引き出せるようになるのも大きなメリット。

f:id:bonkula-t:20170723212114p:plain

 《ピュートリサイド教授》の効果を絡めれば秘策の発動機会も大幅に向上するため、この武器の耐久度もモリモリ上げることが出来る。

 

これらのカードを軸とした【秘策ハンター】が《ピュートリサイド教授》の登場で一気にアツくなりそう。