はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ケレセス公爵》カード考察

f:id:bonkula-t:20170814160304p:plain

『凍てつく玉座の騎士団』で登場する中立レジェンド。

効果発動の条件がなかなか厳しく、このカードを採用するならこれ以外は2マナカードを採用しない構築が求められる。

また効果を発動しても強化されるのはデッキのミニオンであるため、それを引き、プレイするまでは実質的にその恩恵を受けることが出来ない“遅さ”も微妙。

『仁義なきガジェッツァン』で登場したパラディンのハンドバフが実戦でほとんど活躍できていない現在、それよりさらに遅いデッキバフが強いとはとても思えない。

 

またこのユニットはレジェンドであるため初手に握れる可能性も低く、効果の性質から後半で出すほどメリットが薄くなるのも微妙。 

このように制限の重さに対する対価が見合っていないというのが現状の評価。

 

《ケレセス公爵》と相性の良いヒーロー

このカードのポテンシャルを最も引き出せそうなのがウォーロック。ヒーローパワーからドローが出来るため、デッキバフしたカードをすぐに手札に引き込める。

特にヒーローパワーを多用する【ズー】にこのカードを採用すればバフの恩恵を最大源に活かすことができるだろう。

 

このカードを採用したランク戦上位デッキはこちら↓