はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《死線の追跡者レクサー》カード考察

f:id:bonkula-t:20170808145435p:plain

 

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レジェンド。

このカードをプレイすると雄叫び効果を発動し、その後ヒーローが《死線の追跡者レクサー》に置き換わり、装甲5を獲得する。

 

バ獣改造

《死線の追跡者レクサー》のヒーローパワー。コスト5以下の獣ミニオンを二度発見し、その二つを合体させた合成獣を手札に加える。

合成獣は二体の獣のコスト・スタッツ・効果がそれぞれ合算されたものになる。

例えば《石牙のイノシシ》と《ネズミ軍団》で作った合成獣は、コスト4、スタッツ3/3、効果は突撃と断末魔を持ったミニオンになる。

 

《死線の追跡者レクサー》の評価

6マナで2点AoE、5装甲、ヒーローパワーが『バ獣改造』に変更というのがこのカードの挙動。

2点AoEは4マナ分(聖別)、5装甲は1マナ分(鉄の皮)の価値があり、残り1マナ分でヒーローパワーが変化すると考えるとなかなかコストパは良いと言える。

バ獣改造は2マナで手札を一枚増やす(創造する)という性質から、イメージ的にはウォーロックのヒーローパワーの強化版に近い。

 

バ獣改造はこれまでのハンターの弱点であった“手札切れによる後半の息切れ”を解消してくれるヒーローパワーで、合成獣もバリューのあるものを作りやすく非常に強力。

ミッドレンジ~コントロールよりのハンターでの活躍が期待できる。