はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

ハースストーンの“煽り”対策

ハースストーンは世界中でプレイされているため、好戦的なお国柄のプレイヤーやコミュニケーションの一環として“煽り”を使ってくるプレイヤーもままいます。(主に感情表現の連打)

煽られたという原因でハースストーンをやめてしまった方もいるでしょう。それは非常にもったいない!

 

ハースストーンには煽り対策がある

そのやり方は簡単で相手のヒーローにカーソルを合わせて右クリックを押す。すると『黙らせる』という表示が出るのでそれをクリックすれば、相手の感情表現がこちらに反映されなくなります。

マナーの悪い相手に当たってしまったらこの機能で“シカト”できるというわけですね。

また「一度でも煽られるのが嫌」なら対戦ごとに最初から『黙らせる』のもアリでしょう。『黙らせる』は相手には通知されないため、一方的に行ってもマナー違反にはなりません。

 

個人的な煽り対策の使い方

ただ「一度でも煽られるのが嫌」だけど、誰彼構わず試合開始直後に『黙らせる』のは気が引けるというプレイヤーもいるでしょう。

そんな人のために私自身が使っている煽り対策の紹介しましょう。それがこれ↓

相手の開始1ターン後に『黙らせる』

 

これは試合開始と共に挨拶してくれる良心的なプレイヤーへの配慮として。そのようなプレイヤーにはこちらも挨拶を返しそのまま気持ち良くプレイをすれば良い。

逆に試合開始と共に挨拶が無いプレイヤーは

・ゲームにコミュニケーションを求めていない
・挨拶する意思がない(敵意がある、煽る気満々)

のどちらかなので、『黙らせる』で黙々とプレイするのがお互いのため。

 

ただ日本人は煽り煽られという好戦的なコミュニケーションが苦手で、ゲームだけに集中したいプレイヤーの方が多いと思うので、常時『黙らせる』設定を今後追加してくれるとありがたいですね。