はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《始祖ドレイク》カード考察

f:id:bonkula-t:20170325175900p:plain

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立エピック。

6マナ相当のスタッツに《火山ポーション》(3マナ分)を内蔵したミニオン。これで8マナなんだからコスパは高い

 

AoEダメージを出しつつ自身も挑発を持つため、対アグロで滅法強い。アグロに対して8マナまで粘って《始祖ドレイク》を出せればほぼこちらの勝ちになると言ってもいい。

攻撃力4は低く思えるかもしれないが、自身の効果での2ダメージと合わせることで体力6までのミニオンは挑発から刈り取れるため、対ミッドレンジ~コントロール相手にもしっかり活躍できるのも強み。

 

ドラゴンであることから《キュレーター》とも相性が良く、

f:id:bonkula-t:20170723212106p:plain

7マナ《キュレーター》→8マナ《始祖ドレイク》もマナカーブ的に噛み合っていて非常に強力。

マーロック、獣と相性の良い【パラディン】では《キュレーター》と《始祖ドレイク》のセットがほぼ必須で採用されている。

 

また《平等》とも相性が良く、

f:id:bonkula-t:20170723212109p:plain

《平等》⇒ 《始祖ドレイク》と出すことで盤面のミニオン全てを除去しつつ4/8挑発を残すことができる。

 

他にも【ドラゴンプリースト】【クエストウォリアー】【翡翠ドルイド】などコントロールよりのデッキで非常に高い採用率を誇っており、汎用性の高い中立ミニオンとして評価されている。