はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ストーンヒルの守護者》カード考察

f:id:bonkula-t:20170325175855p:plain

 

『大魔境ウンゴロ』で登場した中立ミニオン。

2マナ相当のスタッツだが1/4と挑発の食い合わせが良く、これ自体も挑発ユニットとしてしっかり仕事をしてくれる。

雄叫びから後続の挑発ミニオンを発見できるのも優秀。

 

《ストーンヒルの守護者》と相性の良いデッキ

【クエストウォリアー】:これ一枚で二枚分の挑発を用意できるため、クエスト達成の安定性を高めることができる。

【パラディン】:《ティリオン・フォードリング》《太陽の番人タリム》といったカードパワーの高い挑発ミニオンを発見できる。発見のバリューの期待値が他のヒーローに比べて圧倒的に高く、どのタイプのパラディンデッキでもほぼ必須で採用されている。

【進化シャーマン】:3マナ挑発であることから《炎の舌のトーテム》を守る用途として使え、さらに《地底よりのもの》の発見も期待できる。この性質からシャーマンのトーテムシナジーを補完する用途として使える。

 

このように環境デッキでの採用率も高く、汎用性の高い中立ミニオンとして評価されている。