読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《霊の歌い手ウンブラ》カード考察


f:id:bonkula-t:20170325175827p:plain

 『大魔境ウンゴロ』で登場する中立レジェンド。

断末魔版《ブラン・ブロンズビアード》といった効果を持つミニオンで、レジェンドに相応しいパワーカード。断末魔を主体としたデッキなら必須になるだろう。

 

基本的には《ブラン・ブロンズビアード》と同じ感覚で使えそうだが、あちらは3マナで体力4だったのに対し、こちらは4マナで体力4。場に残ることが重要なこの手のミニオンで、同体力で1マナの差は想像以上にデカい。

4ターン目の体力4は相手からしたら除去に困る数値ではない。中盤以降に断末魔持ちのミニオンとセットで出せば確実に効果を発動させられるが、その場合はこのカード自体の4マナという重さがネックになってくる。

 

「ブラン・ブロンズビアードは強すぎた」という反省が良くも悪くもこのカードのスタッツ調整に表れているようだ。