はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《ブレイズコーラー》カード考察

 f:id:bonkula-t:20170325175824p:plain

雄叫び:前のターンに手札からエレメンタルを使用した場合、5ダメージを与える。

 『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。

7マナ6/6で条件を満たせば5点火力も飛ばせるエレメンタルのパワーカード。

エレメンタル主体のデッキなら条件を満たすことは難しくないが、《サンダーリザード》《トルヴィアのストーンシェイパー》など同条件でテンポを取れるミニオンは他にも存在し、それらの効果のために序盤からエレメンタルを使用していくと、本命のこのカードの条件を満たす前にエレメンタルが枯渇する可能性が高くなるので併用には注意。

 

【シャーマン】なら6ターン目に《ファイア・エレメンタル》→7ターン目に《ブレイズコーラー》という理想的なテンポ展開ができる。

他にも、4ターン目にエレメンタル→5ターン目に《カリモスの下僕》→6ターン目に《カリモスの下僕》から発見したエレメンタル→7ターン目に《ブレイズコーラー》という動きも悪くない

ファイアフライ》《グレイシャル・シャード》などの1マナエレメンタルを握っていれば他の動きを阻害しないで条件を満たすことも可能。

 

《ブレイズコーラー》は現状エレメンタル系デッキのキーカードになり得るミニオンで、あとはこれの効果をどれだけ安定させられるかがカギになってくる。そのための構築・プレイングの開発次第で今後の評価が変わってくるミニオン。