はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《タール・クリーパー》カード考察

f:id:bonkula-t:20170325175817p:plain

挑発:相手のターンの間は攻撃力+2を得る。

 『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。

相手ターンの間は3/5の壁となり、3マナの基準スタッツを超えた挑発ミニオンになる。

コントロールデッキでは時間稼ぎの3マナミニオンとして使え、アグロの猛攻の足止めに使える。

反面こちらのターンでは1/5の貧弱スタッツになるため火力が出ず、ミニオンへの能動的な攻撃は苦手。

 

《二流の強面》とは相互互換の関係にある。あちらは条件付きだが3マナ4/5で出すことが出来るのが強み。

アグロ対策としては一見《二流の強面》の方が使えそうだが、アグロに対しては攻撃力3で十分返り討ちにできる場面がほとんどで、《タール・クリーパー》の方が壁としては安定する。

逆にミッドレンジよりのデッキに対しては《二流の強面》の攻撃力4が生きてくる場面が多くなってくる。

もちろん両方採用し序盤の守備を固めるという構築もアリ。