はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

《沼地の女王》カード考察

 

f:id:bonkula-t:20170325175811p:plain

f:id:bonkula-t:20170325175810p:plain

f:id:bonkula-t:20170325175809p:plain

 『大魔境ウンゴロ』で登場するハンター専用クエスト。クエストは初手に必ず来る(マリガンで戻すことも可能)。

条件を達成するれば非常に強力な報酬が貰えるクエストカードのハンター版。その条件から1マナ主体のアグロデッキを組む必要がある。

 

《沼地の女王》以外すべて1マナミニオンのデッキを組めば、後攻なら確実に4ターン目に報酬の《クイーンカルナッサ》を手に入れ、5ターンにそれを召喚という理想的な動きができる。

先行の場合でも《ファイアフライ》を一枚でも握ることができれば同じく5ターン目に《クイーンカルナッサ》をプレイ可能。

 

ただこのような構築は極端な例であり、このようなデッキを組んでも多分弱い。

 

1マナミニオンとその他のカードのバランス、採用カードの“最適解”を探すのが『大魔境ウンゴロ』環境直後のこのカードの醍醐味かもしれない。

《ファイアフライ》のような相性の良いカードがさらに登場すれば一気に化けるかもしれないし、使ってみたら予想以上に弱かったなんてこともあり得るクエスト。

 

クエストカードのほとんどに言えることだが、現状では未知数な部分が多く評価が難しい、そしてだからこそ面白いカード。