はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

【パラディン】

テンポパラディン(Eloise使用レジェンド200位)

デッキレシピ↓ 《ケレケス公爵》を軸としたアグロデッキ。《仁義なき地回り》が《ケレケス公爵》のバフと相性が良いのが強み。 《ケレケス公爵》以外にもバフ手段が豊富なこのデッキなら《仁義なき地回り》のドロー効果が活かしやすい。このカードと《神聖な…

コントロールOTKパラディン(TAKUCHAN使用レジェンド23位)

デッキレシピ↓ 《断罪のウーサー・エボンブレード》のヒーローパワーと《競売王ビアードオ》を組み合わせたOTKコンボを搭載した【コントロールパラディン】。 《断罪のウーサー・エボンブレード》にヒーローを変えている状態で手札に《競売王ビアードオ》、1…

バフパラディン(Kibler使用レジェンド到達)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《ケレセス公爵》からのデッキバフ、《運び屋の走り》《グライムストリートの用心棒》からの手札バフ、さらに盤面に出た後も《コバルト・スケイルベイン》《ボーンメア》からバフ、とあらゆる領域からバフをかけていける脳筋デッキ。 ミニオン…

【聖なる盾マーロックパラディン】デッキ紹介

デッキレシピ↓ 従来の【アグロマーロックパラディン】に聖なる盾シナジーをミックスしたデッキ。 《有徳の守護者》《ウィッカーフレイム》《ティリオン・フォードリング》といった優秀な聖なる盾持ちに加え、 これらがデッキにあれば同じ性能を有することが…

《骸骨術師》は【パラディン】と相性が良い!?

非常に強力な断末魔を持つものの、相手ターンしか発動できない制約を持つ《骸骨術師》。 これがパラディンとかなり相性が良い模様。 《剣竜騎乗》や《ボーンメア》から挑発を付与することで相手はこのミニオンを無視できなくなり、沈黙や変身させられない限…

《吼える指揮官》カード考察

このカード最大の強みは《ティリオン・フォードリング》をサーチできること。 デッキの聖なる盾持ちをこれ一枚にすれば、《吼える指揮官》から確定でサーチすることが出来る。 これによりパラディンはより安定して“8ターン目ティリオン”が狙えるようになる…

《ブラックガード》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用エピック。 《トゥルーシルバー・チャンピオン》《光の王ラグナロス》《禁じられし癒し》《按手の儀式》などヒーローを回復できるカードを多数採用している【コントロールパラディン】と非常に相性の良さそ…

《断罪のウーサー・エボンブレード》カード考察

ヒーローパワー:2/2の黙示録の騎士を召喚する。黙示録の騎士が場に4体揃った時相手ヒーローを破壊する。 『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用レジェンド。 まず雄叫び効果が超優秀。生命奪取から殴るたびに5点回復できる武器を装備できる。 武…

《ゴーマン・クルセイダー》

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用レア。 体力の低さがネックだが、相手ターン限定の断末魔からその弱点を補っている。 ただその断末魔もそこまで優秀なものではなく、結果としてやっぱり微妙。 パラディンにとって4マナは激戦区であり、こ…

《有徳の守護者》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用コモン。 《アージェントの従騎士》が1マナミニオンの中でも評価が高いことを考えると、それに挑発の付いたこのカードが強力なのは間違いないだろう。 聖なる盾・挑発の組み合わせから確実に敵の攻撃を二度…

《ライツ・ソロウ》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用エピック。 パラディンは同じ4マナ武器に《トゥルーシルバー・チャンピオン》があり、汎用性ではあちらの方が圧倒的に優秀。 《ライツ・ソロウ》は聖なる盾主体のデッキでなければ使えないのはもちろん、4…

《死中に活》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用レア。 中立で上位互換の効果を付与できる《死体蘇生者》の方が強い。以上!

《ボルヴァー・ドラゴンフレイム》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用レジェンド。 これ単体でも1/7聖なる盾⇒3/7として使えるため、コスト相応の働きはできる。 ただこのカードのポテンシャルを最大限に活かすなら聖なる盾を主体としたデッキで使いたいところ。 《アージェン…

《チルブレードの勇者》カード考察

生命奪取:このカードが与えたダメージ分、自分のヒーローを回復する 『凍てつく玉座の騎士団』で登場するパラディン専用コモン。 生命奪取を持つミニオンは、相手の顔を優先して殴っていくことで大きな体力回復が期待できる。 このミニオンの攻撃で相手の顔…