はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

【ハンター】

【ミッドレンジハンター】デッキレシピまとめ

海外で高い戦績を収めた【ミッドレンジハンター】のデッキレシピを紹介。 レシピ① 勝率60.99%(試合数805) 現在最も結果を残しているデッキレシピ。各マナ帯で汎用性の高いミニオンを採用したテンポ重視の構築。マナカーブに沿った展開をしているだけでも単…

ミッドレンジハンター(ASMODAI使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ アグロよりのミッドレンジハンター。軽量ミニオンを厚く採用し、序盤から盤面が取りやすいデッキになっているのが特徴です。 マーロック・海賊への強力なメタとして機能する《飢えたカニ》《ゴラッカ・クローラー》、パッチーズを引っ張り出し…

【ハンドクエストハンター】デッキ紹介

今の環境で【クエストハンター】組むと結構面白そうです。 クエストの達成条件からコスト1のミニオン主体のデッキになる【クエストハンター】ですが、それが故に《ケレセス公爵》を採用しやすい。 《カルトの教祖》《トルヴィア番兵》《カルナッサの仔》とい…

《死にまね》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用コモン。 同じ効果を内蔵しているミニオンに《テラースケイルの追跡者》《フフラン王女》があり、 これらのミニオンはスタッツも悪くないため、バリュー面で見ればこれらの方が優秀。 パラディンで《アルダー…

《毒矢》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用エピック。 体力2以下の敵を破壊するか、体力3以上の味方に猛毒を付与するといった運用ができるカード。 ただどちらの運用方法もコスパが悪い。 分かりやすいエピックのハズレ枠。

《爆裂ブロートバット》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レア。 断末魔であるため即効性は無いものの、4マナ2点AoEは優秀。 2/1と死にやすいスタッツであるため、相手に放置されても自爆特攻から簡単に断末魔を発動させることができる。 《ツンドラサイ》で突撃を付…

《骸後家蜘蛛》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レア。 効果、スタッツ共に優秀なミニオン。ハンターは《サバンナ・ハイメイン》をはじめとして断末魔持ちが豊富であるため、このカードの効果を活かしやすい。 獣であるため、ハンター得意の獣シナジーを活…

《縫い目の追跡者》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用コモン。 デッキからの発見であるため非常に高いバリューを期待できる。 ミニオン限定とはいえ、《カバールの飛脚》と同じコスト・スタッツでデッキから発見できるのは優秀といえるだろう。 ただこのミニオン…

《毒牙の罠》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レア。 発動条件が緩く、2マナで3マナ相当のミニオンを出せるのが優秀。 汎用性の高い秘策で、猛毒から後半で発動しても大きな仕事が期待できる。 《ピュートリサイド教授》と合わせて【秘策ハンター】を大き…

《サメグマ》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用コモン。 2マナ3/2で同じ効果を持つ《フェアリー・ドラゴン》が環境で全く使われていないのを見ると、このカードも構築で採用されることはないだろう。 ただスタッツはなかなか良く、効果も悪いものではない…

《涜れし弓兵》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用エピック。 6マナ相当のスタッツにこの効果はかなり強力。2マナ以上の獣を復活させることができればコスト以上の仕事をすることができ、《サバンナ・ハイメイン》のような大型獣が復活できれば非常にオイシイ…

《ピュートリサイド教授》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レジェンド。 秘策を使用するとランダムな秘策のボーナスが付く。一枚の秘策から二枚分の秘策をセットできるのは単純に強力。 《覆面の女ハンター》と非常に相性が良く、この二体を揃えることで0マナで秘策を…

《死線の追跡者レクサー》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するハンター専用レジェンド。 このカードをプレイすると雄叫び効果を発動し、その後ヒーローが《死線の追跡者レクサー》に置き換わり、装甲5を獲得する。 バ獣改造 《死線の追跡者レクサー》のヒーローパワー。コスト5以下の…