はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

【ドルイド】

【ミッドレンジ挑発ドルイド】に《イカれた錬金術師》がピン刺しされている理由

新環境で早くも一大勢力になりつつある【ミッドレンジ挑発ドルイド】↓ このデッキでは《イカれた錬金術師》がピン刺しされています。 その理由の一つは《終末預言者》対策として。 ミニオンを並べて強化しながら戦うこのデッキ最大の天敵である《終末預言者…

新環境は【メディヴドルイド】がアツくなる!?

今の環境のドルイドではほぼ必須カードになっている《究極の侵蝕》。 10マナでありながらそれを遥かに上回るバリューと汎用性の高さが魅力のカードですが、高マナ呪文とシナジーがあるミニオンがいたじゃないか! それがこれ↓ 《ガーディアンの大杖アティ…

《究極の侵蝕》を【クエストドルイド】で使うとヤバい!

【クエストドルイド】に《究極の侵蝕》を採用するとエグい脳汁展開が可能になります。 《ジャングルの巨獣たち》のクエスト報酬である《圧踏のバーナバス》を出し、デッキのミニオンのコストを0にした後《究極の侵蝕》から5枚ドローすれば、、 これはヤバい…

新環境型【ランプ翡翠ドルイド】デッキ紹介

デッキレシピ↓ 従来の【翡翠ドルイド】に《古代地の番人》を採用することでさらにマナ加速を向上させ、《ハドロノックス》《究極の侵蝕》といったドルイドの新たなパワーカードを活かせるようにした構築。 マナ加速カードが《練気》《野生の繁茂》《翡翠の開…

《魔蝕の病霜マルフュリオン》カード考察

※クモのスタッツは1/2、スカラベのスタッツは1/5 ヒーローパワー:攻撃力+3を獲得する または装甲+3を獲得する 『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レジェンド。 雄叫びはどちらも5マナ相当、5装甲は1マナ相当で、後の1マナでヒーローパワーの変…

《蜘蛛の紋様》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用コモン。 1/2猛毒は2マナ相当。それを二体召喚して5マナがコスパが悪い。 《魔蝕の病霜マルフュリオン》と効果が被っているのも悲しいところ。 構築で採用されることはないだろう。

《蟲のドルイド》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レア。 複数体の軽量ミニオンに対しては1/5挑発を、高スタッツのミニオンに対しては1/2猛毒を、と盤面状況によって最適なカードに変身できるのが強み。 その性質から相手のデッキタイプを問わずに活躍できる…

《ギギギ》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用コモン。 《フロストボルト》《烈火の戦斧》が2マナであることを考えると3マナ3点火力は微妙。 どちらか一方しか選べないがより大きな攻撃力または装甲を得られる《妖獣の激昂》の方が優秀。

《強殻のクズ拾い》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レア。 1体強化できればコスト相当、2体以上強化できればテンポを取ることができる。 《ハドロノックス》が登場したことで【挑発ドルイド】が組めるようになり、このデッキで大きなシナジーを期待できるカ…

《究極の侵蝕》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用エピック。 5ダメージからの5/5は《炎の大地のポータル》とほぼ同じ性能(7マナ分)、5ドローは《魔力なる知性》+《滋養》と考えて8マナ分、これに5装甲(1マナ分)と合計16マナ分の効果を出せるカ…

《クリプトロード》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用コモン。 攻撃力は1と低いものの体力が非常に高く、さらに自身の効果で体力を上げていくことも出来る挑発ミニオン。 その性質から敵を返り討ちにするのは苦手だが、攻撃を止める壁としての性能はこの上なく高…

《拡がりゆく虫害》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レア。 軽量ミニオンを大量に展開するアグロデッキへのカウンターとして非常に強力なカード。 逆に量より質の展開をするミッドレンジ~コントロールデッキに対してはこのカードの連続発動は狙いづらく、1/5と…

《ハドロノックス》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用レジェンド。 挑発版ン=ゾスといった非常に強力な効果を持つ。 ン=ゾスとの最大の違いは復活のトリガーが雄叫びでなく断末魔になっていること。そのため効果の即効性がないのは弱点。 低攻撃力高体力なスタ…

《フェイトスピナー》カード考察

『凍てつく玉座の騎士団』で登場するドルイド専用エピック。 場に出したタイミングでどちらかの断末魔を選択する。相手は選択した断末魔を知ることはできない。 基本的にこちらが有利な盤面ではミニオン強化、不利な盤面では全体ダメージを選択するのが定石…