読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

【ドロイド】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ドロイド】デッキレシピまとめ 2017年4月9日 S37 レジェンド1位 seiriMadA 【トークンアグロドルイド】 2017年4月8日 S37 Chakki 【マーロックアグロドルイド】

コモン・レアだけで構築された【ズー】が大会優勝!

トッププレイヤーが多数参加する大会でコモン・レアだけで構築された【ズー】が大会優勝する快挙を成し遂げました。 デッキレシピはこちら↓ Claws Open Cup優勝 Tempo 【ズー】 一見シンプルな構築に見えますが、再序盤からテンポを取りそのまま押し切るとい…

【パラディン】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【パラディン】デッキレシピまとめ 2017年4月8日 S37 レジェンド上位 MaxTheRipper 【アグロマーロックパラディン】

【ローグ】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ローグ】デッキレシピまとめ 2017年4月8日 S37 レジェンド6位 Eloise 【ミラクルローグ】 2017年4月7日 S37 レジェンド1位 Dog 【クエストローグ】

【シャーマン】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【アグロシャーマン】デッキレシピまとめ 2017年4月9日 S37 BoarControl 【エレメンタルシャーマン】 2017年4月8日 S37 Sabertooth20 【新型アグロシャーマン】 2017年4月7日 S37 レジェンド上…

【ウォリアー】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ウォリアー】デッキレシピまとめ 2017年4月11日 S37 レジェンド1位 Sjow 【クエストウォリアー】 2017年4月8日 S37 レジェンド1位 posesi 【クエスト挑発ウォリアー】 2017年4月7日 S37 Tans…

【メイジ】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【メイジ】デッキレシピまとめ 2017年4月10日 S37 レジェンド Apxvoid 【アグロメイジ】 2017年4月8日 S37 レジェンド上位 Aber 【新型フリーズメイジ】 2017年4月7日 S37 レジェンド上位 Dog …

【ハンター】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ハンター】デッキレシピまとめ 2017年4月7日 S37 Tansoku レジェンド 【ミッドレンジハンター】

【ウォーロック】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ウォーロック】デッキレシピまとめ 2017年4月9日 Claws Open Cup優勝 Tempo 【ズー】 2017年4月7日 S37 Tansoku 【新型プテロダックスズー】

【プリースト】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ドラゴンプリースト】デッキレシピまとめ 2017年4月10日 S37 レジェンド上位 gcttirth 【ドラゴンプリースト】 2017年4月10日 S37 レジェンド50位 Thijs 【OTKプリースト】 2017年4月10日 S3…

【クエストメイジ】での無限火力OTKコンボ

条件: 手札に《魔法使いの弟子》×2、《鋳像》×2、《大魔術師アントニダス 》、《時間湾曲》(クエスト報酬)+任意の呪文1枚の合計7枚 展開: 《魔法使いの弟子》を二体召喚(4マナ)→《鋳像》を二枚使い《魔法使いの弟子》をさらに二体コピー(3マナ)→《時…

《クラッチマザー・ザヴァス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用レジェンド。 破棄を完全なメリットに変えられる【ディスカードズー】の新たなエースカード。 手札にこのカードだけを残し破棄効果のあるカードを使用することで確実なパンプアップが可能。一度破棄されるだけ…

《残酷な恐竜術師》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 破棄シナジーを活かせるカード。このカードのスタッツが5マナ相当なので2マナ以上のミニオンを召喚できれば元がとれる。 ただ6マナという重さと効果の性質から【ディスカードズー】とはそれほど…

《捕食の時間》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用呪文。 使い勝手は悪くないが特別強くもないといった塩梅のカード。ただウォーロックは5マナ帯に優秀なカードが少なく、アグロ系なら《ドゥームガード》がいるがコントロール系で使えるカードとなるとこのカー…

《ラッカリ・フェルハウンド》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 《ラッカリの生贄》をはじめとした破棄シナジーのあるカードがウォーロックに多数登場したことで、このカードの効果も一概にデメリットだけとは言えなくなった。 手札破棄から強い動きが狙える時は…

《ラッカリの生贄》カード考察

《大食のプテロダックス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』のウォーロック新規の中で現状最も評価の高いカード。 元のスタッツも4マナ4/4と悪くなく、二回適応で実質6マナ級のミニオンに化ける。 《デビルサウルスの卵》とは大きなシナジーがあり、3ターン目に《デビルサウルスの卵》→4ターン目に…

《タールに潜むもの》カード考察

大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 大きくなった《タール・クリーパー》。 ただ《タール・クリーパー》は相手ターンに3/5で3マナの基準スタッツを超えていたのに対し、このカードは相手ターンでも4/7と5マナのスタッツ圏内。これで自タ…

《キングモッシュ》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用レジェンド。 ウォリアー最重量カード。条件付きだが強力な全体除去効果を持つ。 《旋風剣》と組みわせれば10マナで確実な全体除去ができる。それに頼らなくてもこちらのミニオンで相手ミニオンすべてにダメー…

《ウンゴロ探検》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用呪文。 自分のデッキのカードを全て「カードを1枚発見する」1マナ呪文に変えてしまうカード。 このカード自体が2マナ、さらに発見に1マナ必要とするため、テンポ的にはかなり損をしている。 デッキのカードだけを…

《創増身》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用呪文。 《旋風剣》や《死憎悔いのグール》と組み合わせれば1点AoEから味方のミニオン全てのコピー召喚が可能になる。 他にもウォリアーは自身のミニオンにダメージを与えられるカードが多く、それらを使わずとも…

《熔けている刀身》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用武器。 盤面状況とマナ状況を見ながら最大の効果が期待できる武器に変化したタイミングで使えるのはメリット。 ただこのカードが手札に来た最初のターンは1マナ1/1の弱小武器でしかなく即効性がないこと、さらに…

《ダイアホーンの幼生》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用ミニオン。 自身のスタッツは少し物足りないが、断末魔でデッキに加わるダイアホーンは非常に強力。 ただデッキに加わるという性質上遅く、採用するならコントロールデッキ一択になるか。 《ファイアプルームの中…

《タールロード》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用ミニオン。 《タールクリーパー》の大型版。相手のターンでは5/11というとんでもない強度に壁になる反面、自ターンでは攻撃力が1であるため火力が出ず、ミニオンへの能動的な攻撃は苦手。 《ファイアプルームの中…

《ファイアプルームの中心で》カード考察

雄叫び:自分のヒーローパワーが「ランダムな敵に8ダメージを与える。」に変化する。 『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用クエスト。 『大魔境ウンゴロ』でウォリアーは4種も挑発ミニオンが加わり、中立でも優秀な3マナ壁である《タール・クリーパ…

《気荒なダイアホーン》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用ミニオン。 スタッツ自体は5マナ相当だが、適応することでコスト相応またはそれ以上のミニオンに化けることができる。 適応で最も狙いたいのは体力+3、相手の場に軽量ミニオンがいない状態なら聖なる盾も強い。 …

《鉄の皮》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用呪文。 単体で見るとかなり微妙なカードだが、《シールドスライム》と大きなシナジーがあり、この二枚から2マナで5装甲+5点火力が出せる。 《シールドスライム》をフル投入した【コントロールウォリアー】での…

《太陽の番人タリム》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用レジェンド。 スタッツ変更のAoEを持つカード。相手の中大型ミニオンを3/3へ弱体化しつつ、こちらの1/1を3/3に強化するという使い方が理想。 このカードの3/7挑発というスタッツも絶妙な値で、これで3/3になった…

《原始フィンの勇者》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用ミニオン。 パラディン得意の強化呪文と相性の良いミニオン。その効果からこのカードへは実質カード消費無しで強化呪文を撃てることになる。 《最後のカレイドサウルス》とも非常に相性が良く、【クエストパラデ…

《ヴァインクリーヴァ―》カード考察

使いきれば4点火力×3に1/1が6体並ぶ。2ターン目以降はこの武器での攻撃+前のターンに出した1/1で実質6点火力を出すことができる。 武器攻撃で相手のミニオンを潰しつつこちらのミニオンを増やしていくことができるため、大きな盤面優位性を取れるのがこの武…

《水文学者》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用ミニオン。 発見持ちにしては良いスタッツを持っている。パラディンの秘策は今の環境では5種しかなく、その中で発見するため高確率で欲しい秘策を握れるのも強み。 汎用性のある2マナミニオンで、とりあえず枠が…

《ジャングルの遭難者》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用呪文。 悪くない効果なのだが、1マナ海賊+《海賊パッチーズ》展開の実質的な下位互換であるのが悲しいところ。 シルバーハンド新兵を増やせることから《光合のステゴドン》とシナジーがあり、これを軸としたデッ…

《恐竜化》カード考察

一見雑に見える効果だが、その実かなり強力なカード。 相手のライフが10点以下ならこのカードを使ったミニオンで顔を殴ることで即ゲームエンドに持っていける。 相手のライフが20点の状態でも、2ターン連続で顔を殴れば勝ち。30点でも3ターン連続で殴れば勝…

《適応》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用呪文。 適応は1マナ相当の強化なので、良くも悪くも相場通り。 攻撃可能なミニオンにこの呪文を使えば適応⇒即攻撃ができ、猛毒・聖なる盾・攻撃力+3といった強化が活かしやすくなるのが強み。 ただ適応は選択でき…

《剣竜騎乗》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用呪文。 +2/+6だけの強化スペルである《真言・触手》が5マナであることを考えると、このカードがいかに強力か良く分かる。1マナ増えただけで挑発が付き、さらに断末魔から4マナミニオンまで出てくるわけだから。 …

《ヴォラックス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立レジェンド。 その効果から強化系呪文と非常に相性が良い。 このカードと《力の祝福》を組み合わせれば5マナで6/3、4/1が揃い、《王の祝福》と組み合わせれば8マナで7/7、5/5が揃う。強化呪文が豊富な【パラディン】での採…

《最後のカレイドサウルス》カード考察

雄叫び:5回適応する。 『大魔境ウンゴロ』で登場するパラディン専用クエスト。 パラディンは強化呪文が豊富にあるため、それらを多数採用すればクエスト達成自体は容易。 同じ『大魔境ウンゴロ』で新たに《恐竜化》《剣竜騎乗》《適応》と三枚も強化呪文が…

《電撃デビルサウルス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立エピック。 すぐにヒーローには攻撃できない制約はあるものの、突撃持ちとしてはかなり優秀なスタッツを持つ。 このマナ帯になってくるとサイズそのものより盤面への即時的な影響力を重視される傾向があり、そういう意味で…

《始祖ドレイク》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立エピック。 6マナ相当のスタッツに2点AoEはコスト相応といった感じ。 中立の中では雄叫びでの2点AoEは非常に貴重な効果だが、いずれのヒーローも専用カードでより軽量なAoEをそれぞれ持っているため、あえてこのカードに頼…

《輝く瞳の斥候》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立エピック。 ドロー効果を内蔵したミニオン。ドローしたカードのコストが5になるのはメリットにもデメリットにもなり得る。 同じ4マナで単純な1ドロー効果を持つ《ノームの発明家》と比べるとこちらの方がスタッツは高いため…

《ビタータイド・ヒドラ》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立カード。 5マナで8/8という恐ろしいスタッツを持つミニオン。デメリットはあるものの、ライフと引き換えに圧倒的なテンポを取れるんだから間違いなく強い。 アグロでは新たな汎用フィニッシャーとしての活躍が期待できる。…

《エメラルドの巣の女王》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 2マナ相当のスタッツを持つ1マナカード。ただしデメリット持ち。 1ターン目に出せばほぼ確実に盤面を取ることができ、相手のミニオンを積極的に刈り取りながら3ターン目くらいにはこのミニオン自体を戦闘で死亡…

《フローズン・クラッシャー》カード考察

強力なスタッツを持つ代わりにデメリットも有するカード。2ターン連続で攻撃できないミニオンと考えれば分かりやすい。 最初の攻撃で相手の6マナ以上のミニオンを打ち取ればそれだけで仕事をしたことになる。 最初の攻撃まではデメリット無しの6マナ8/8であ…

《ストーンヒルの守護者》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 発見は1マナ相当の効果なのでスタッツ的には及第点。ただ同じマナ帯に《タール・クリーパー》がいることを考えるとこのミニオン自体の挑発持ちとしての性能はかなり微妙なところ。 発見先も中立挑発にははずれも…

《デビルサウルスの卵》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 断末魔から強力なミニオンを召喚できるのが魅力のカード。ただこのミニオンの攻撃力は0なのでこれ単体ではただの置物。 断末魔を発動させるには以下のどれかが必要になる↓①挑発を付ける(《サンフューリーの護衛…

《獰猛なヒナ》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立レア。 ヒーローを攻撃する度に適応し強化していくミニオン。元のスタッツも3マナ3/3と悪くない。 適応で疾風を付けることができればそのまま連続攻撃に繋げることができ、そこからもう一度適応を行える。 体力+3、聖なる盾…

《ドデカいレイザーリーフ》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 超優秀なスタッツを持つ代わりに攻撃できない木偶の坊。 《サンフューリーの護衛》や《アルガスの守護者》の効果から挑発を付けて硬い壁にするのが有効か。プリーストなら《沈黙》《祓い清め》でデメリットを消…

《ウルトラサウルス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 すごいデカいバニラ。 ほとんどのミニオンを倒せる攻撃力7に14の超体力というバランスはかなり強力なのだが、いかんせん10マナ、そして効果も無し。 『大魔境ウンゴロ』環境後は適応からの猛毒などから大型ミニ…

《巨大マストドン》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 デカい壁。闘技場用にデザインされたであろうカード。ただその闘技場でも『大魔境ウンゴロ』環境後は適応からの猛毒でデカいミニオンを処理する手段が豊富になるため、ただデカいだけのミニオンははずれピック扱…

《満腹のスレッシャドン》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場する中立ミニオン。 5,5マナ相当のスタッツに断末魔で1/1三体は悪くない。微妙なものも多い中立7マナの中ではかなり優秀なミニオンと言える。しかもコモン。 ただ構築で採用するにはあと一押しに欠ける。獣シナジーを活かすなら《ヴ…