はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

【ウォーロック】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ウォーロック】デッキレシピまとめ 2017年4月9日 Claws Open Cup優勝 Tempo 【ズー】 2017年4月7日 S37 Tansoku 【新型プテロダックスズー】

【プリースト】ランク戦・大会上位のデッキレシピまとめ

『大魔境ウンゴロ』登場後のスタンダード環境で高い勝率を収めた【ドラゴンプリースト】デッキレシピまとめ 2017年4月10日 S37 レジェンド上位 gcttirth 【ドラゴンプリースト】 2017年4月10日 S37 レジェンド50位 Thijs 【OTKプリースト】 2017年4月10日 S3…

【クエストメイジ】での無限火力OTKコンボ

条件: 手札に《魔法使いの弟子》×2、《鋳像》×2、《大魔術師アントニダス 》、《時間湾曲》(クエスト報酬)+任意の呪文1枚の合計7枚 展開: 《魔法使いの弟子》を二体召喚(4マナ)→《鋳像》を二枚使い《魔法使いの弟子》をさらに二体コピー(3マナ)→《時…

《クラッチマザー・ザヴァス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用レジェンド。 破棄を完全なメリットに変えられる【ディスカードズー】の新たなエースカード。 手札にこのカードだけを残し破棄効果のあるカードを使用することで確実なパンプアップが可能。一度破棄されるだけ…

《残酷な恐竜術師》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 破棄シナジーを活かせるカード。このカードのスタッツが5マナ相当なので2マナ以上のミニオンを召喚できれば元がとれる。 ただ6マナという重さと効果の性質から【ディスカードズー】とはそれほど…

《捕食の時間》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用呪文。 使い勝手は悪くないが特別強くもないといった塩梅のカード。ただウォーロックは5マナ帯に優秀なカードが少なく、アグロ系なら《ドゥームガード》がいるがコントロール系で使えるカードとなるとこのカー…

《ラッカリ・フェルハウンド》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 《ラッカリの生贄》をはじめとした破棄シナジーのあるカードがウォーロックに多数登場したことで、このカードの効果も一概にデメリットだけとは言えなくなった。 手札破棄から強い動きが狙える時は…

《ラッカリの生贄》カード考察

《大食のプテロダックス》カード考察

『大魔境ウンゴロ』のウォーロック新規の中で現状最も評価の高いカード。 元のスタッツも4マナ4/4と悪くなく、二回適応で実質6マナ級のミニオンに化ける。 《デビルサウルスの卵》とは大きなシナジーがあり、3ターン目に《デビルサウルスの卵》→4ターン目に…

《タールに潜むもの》カード考察

大魔境ウンゴロ』で登場するウォーロック専用ミニオン。 大きくなった《タール・クリーパー》。 ただ《タール・クリーパー》は相手ターンに3/5で3マナの基準スタッツを超えていたのに対し、このカードは相手ターンでも4/7と5マナのスタッツ圏内。これで自タ…

《キングモッシュ》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用レジェンド。 ウォリアー最重量カード。条件付きだが強力な全体除去効果を持つ。 《旋風剣》と組みわせれば10マナで確実な全体除去ができる。それに頼らなくてもこちらのミニオンで相手ミニオンすべてにダメー…

《ウンゴロ探検》カード考察

『大魔境ウンゴロ』で登場するウォリアー専用呪文。 自分のデッキのカードを全て「カードを1枚発見する」1マナ呪文に変えてしまうカード。 このカード自体が2マナ、さらに発見に1マナ必要とするため、テンポ的にはかなり損をしている。 デッキのカードだけを…