はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

奇数テンポローグ(Excelia使用レジェンド50位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 強化されたヒーローパワーでの2/2武器を活かした【テンポローグ】。 2マナで2/2武器を常に装備できるというのは非常に強力で、ローグの場合ヒーローパワーの使用は2ターンに一度でいいため、手札からの展開とヒロパでのテンポを両立させやすい…

奇数コントロールウォリアー(Furyhunter使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 強化したヒーローパワーでの装甲を盾に長期戦に持ち込み、相手の展開を対応しきって勝つことを狙ったコントロールデッキ。 【奇数クエストウォリアー】と比べると挑発ミニオンに拘る必要がない分、よりコントロールに特化した対応カードを豊富…

クエストローグ(Rage使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 新規カードで採用されているのは《獰猛なスケイルハイド》。 生命奪取・急襲のセットが優秀で、クエスト達成後は5/5になることでその効果を最大限に活かせるようになる。 これまでの【クエストローグ】に無かった回復手段を得たことで“序盤に…

アグロ挑発ドルイド(SkyWalker使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《蟲のドルイド》《クリプトロード》《タール・クリーパー》《サロナイト鉱山の奴隷》とアグロとも相性の良い挑発ミニオンを豊富に採用することで《強殻のクズ拾い》でのバフ効果を活かせるようにしたデッキ。 《野生の紋章》は2マナ+2/+2バフ…

偶数テンポシャーマン(Amnesiac使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 0マナミニオンの《ウィスプ》《スノーフリッパー・ペンギン》をフル採用しているのが特徴で、これらと1マナヒーローパワーでのトーテムで初動から盤面を作っていき、2ターン目の《炎の舌のトーテム》or《ダイヤウルフ・リーダー》で確実にテン…

マーロックパラディン(BoarControl使用レジェンド6位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《バイルフィンの異端審問官》《グリムスケイルのダチ公》の抜けた穴は《ジャングルの遭難者》《悪夢の融合体》で代用している。 1マナマーロックが減ったため2ターン目《ロックプール・ハンター》でのバフの安定性が落ちたのはイタいが、基本…

偶数ミッドレンジパラディン(Ike使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 2マナミニオンを厚く採用することで、 1ターン目:ヒロパ2ターン目:2マナ3ターン目:ヒロパ+2マナ の動きを安定させつつ《動員》も活かせるようにした構築。 これにより序盤から安定したミニオン展開ができる。 《動員》でのデッキ圧縮…

【ハースストーン】最新環境でのTierランキング(2018/4/18更新)

Tier 1 1 キューブウォーロック 2 召喚師ドルイド(↑2) 3 偶数パラディン 4 奇数パラディン(↓2) 5 コントロールプリースト(new) 6 ズーウォーロック(↑5) 7 召喚師プリースト(↓2) 8 テンポメイジ(↓2) 9 スペルハンター(↓2) 10 テンポローグ(↓2…

ビッグドルイド(Totosh使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 新規カードで採用されているのは《ウィッチウッドのグリズリー》。 【ビッグドルイド】の苦手なアグロへのカウンターになるカードで、また攻撃力が3というのもポイント。 このデッキは《マスター・オークハート》から《タール・クリーパー》《…

奇数フェイスハンター(Londgrem使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 奇数デッキにすることでヒーローパワーを3ダメージにし、より早く相手のライフを削りきることを狙った【フェイスハンター】。 このデッキの特徴は《猟犬を放て!》の採用。 相手の盤面を無視して顔だけを狙う【フェイスハンター】のムーブと非…

アグロ秘策パラディン(Amaz使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《鐘を鳴らす見張り》と大量の秘策を採用した【アグロパラディン】。 《身代わり》《救済》は単純に使い勝手が良く、《懺悔》も中大型ミニオンを軸としたミッドレンジ~コントロールデッキに非常に刺さる。このカードで体力1にした敵をこちら…

アグロドラゴンパラディン(Gyong使用レジェンド6位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ ドラゴンミニオンを採用することで《大聖堂のガーゴイル》を活かせるようにした【アグロパラディン】。 2マナ2/2聖なる盾の強さはワイルドで《シールド・ミニロボ》が証明しており、さらに《大聖堂のガーゴイル》は挑発も付くため《ナイフ・ジ…