はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

『コボルトと秘宝の迷宮』新規カードまとめ(11/23更新)

画像をクリックするとカードの詳細・考察ページに飛びます。 中立 ドルイド ハンター メイジ パラディン プリースト ローグ シャーマン ウォーロック ウォリアー

《ワタリガラスの使い魔》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するメイジ専用コモン。 これよりスタッツが優秀で確実に秘策のサーチが出来る《魔法学者》の方が強い。 一応このカードは秘策を採用していないデッキでも活用できるという差別化は出来るが、効果に確実性が無いのが難点。 《…

《シルバーヴァンガード》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場する中立コモン。 非常に魅力的な断末魔を持つカード。これで《リッチキング》を招集できれば最高。 ただ召集の性質上デッキに8マナミニオンが無くなってしまうと効果発動することができず、雄叫び8マナとも相性が悪い。 この…

《沁み出すウーズリング》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するハンター専用レア。 デッキ内を強力な断末魔を持つミニオンだけに限定することで大きな効果を発揮できる。現状最も相性が良さそうなのが《シルバーヴァンガード》。 これの断末魔をコピー⇒《リッチキング》展開という動き…

《孤高の勇者》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場する中立レア。 序盤に盤面を取られがちなコントロール系デッキで活躍できそうなカード。効果を発動出来れば4マナ相当のミニオンに化ける。 3ターン目までミニオンを出さなければ確実の効果を発動できるのはもちろん、1~2タ…

《クズ拾いのコボルト》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場する中立エピック。 雄叫びでこれまでに破壊された武器1枚を手札に戻せる。対象が複数ある場合はランダムに選択される模様。 3マナミニオンではあるが、3ターン目にこちらの武器が破壊されている状況というのは少なく、中盤…

《ゴルゴン・ゾーラ》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場する中立レジェンド。 強力な雄叫び効果を持つミニオンと相性が良いカード。 《頽廃させしものン=ゾス》をコピーできればその凶悪な雄叫びを二度活用することができ、 他にもクエスト達成ミニオンをコピーできればめちゃくち…

《性悪な召喚師》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場する中立エピック。 3マナ以上のミニオンを召喚できればコスト以上のバリューを出せる。このカードの効果を活かすなら3マナ以上の呪文だけを採用したデッキにしたいところ。 ただ現在のデッキはそのほとんどが2マナ以下の軽量…

《世界樹の小枝》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するドルイド専用レジェンド。 凄まじい断末魔を持つ武器。空でないマナクリスタルであるため、この武器が破壊されれば即座に10マナ分追加で使用できるようになる。 自分のターンでマナを使用仕切った後にこの武器の断末魔を…

《レベルアップ!》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するパラディン専用レア。 このカードがコスト以上のバリューを出すには三体以上のシルバーハンド新兵を強化する必要がある。そのためには《ジャングルの遭難者》《闇への抵抗》などシルバーハンド新兵を複数展開できるカード…

《ミスリルの小呪文石》カード考察

アップグレード1:5/5を2体召喚するアップグレード2:5/5を3体召喚する 『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するウォリアー専用レア。 アップグレード条件はかなり緩く、ある程度武器を採用している構築なら簡単に強化していける。一度アップグレードするだけで…

《九死一生》カード考察

『コボルトと秘宝の迷宮』で登場するローグ専用コモン。 1マナ増えた代わりに手札に戻ったミニオンのコストを減らせるようになった《高飛びコドー》といった感じ。 そう考えると強そうだが、《高飛びコドー》は《水文学者》からの発見あってこそ輝くカードで…