はっすとん

ハースストーンを考えるブログ

エレメンタルシャーマン(Kibler使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《翡翠の精霊》がエレメンタルであるため翡翠ギミックと両立できること、また《ファイア・エレメンタル》《ブレイズコーラー》《原始の王カリモス》と高マナエレメンタルに優秀なものが揃っているのがこのデッキの強み。 《ざわめきのエレメン…

コントロールメイジ(Kibler使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《超うざい調剤師》《装甲虫》を採用することでアグロに対する序盤の対応力を高めつつ、中盤以降は《ドラゴンの憤怒》《ブリザード》《メテオ》といった優秀なAoEで盤面を捌いていける。 《シンドラゴサ》《アレクストラーザ》と二種のドラゴ…

【ハースストーン】最新環境でのTierランキング(2018/2/16更新)

Tier 1 1 コントロールウォーロック 2 マーロックパラディン 3 キューブウォーロック 4 ドラゴンプリースト 5 召喚師ドラゴンプリースト Tier 2 6 秘策テンポメイジ 7 ビッグプリースト 8 ズーウォーロック 9 スペルハンター10 ミラクルローグ11 コントロー…

テンポウェポンローグ(Zalae使用レジェンド)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 【テンポローグ】と【ウェポンローグ】をミックスしたデッキ。 テンポローグ要素から安定して盤面で戦えるようになり、【ウェポンローグ】の苦手だったアグロに対しても戦えるデッキになっている。 《大逆の刃キングスベイン》の火力を上げて…

コントロールドラゴンプリースト(Zetalot使用レジェンド)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《ダスクブレイカー》《ドラゴンファイア・ポーション》に加え、《回復の輪》+《オウケナイのソウルプリースト》や《始祖ドレイク》もそれぞれフル採用しAoE火力が非常に豊富なのが特徴のデッキ。 これらに加え回復手段の《上級回復ポーション…

ミッドレンジ召喚師ドルイド(Heskey4Lyfe使用レジェンド)デッキ紹介

デッキレシピ↓ デッキの呪文を《究極の侵蝕》だけにすることで《性悪な召喚師》から10マナミニオン、《記録保管大臣》からコスト踏み倒しで《究極の侵蝕》を撃てるようにしたデッキ。 ミニオン主体のミッドレンジデッキの定めとしてアグロに弱いのがこれまで…

バーンプリースト(Abar使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《預言者ヴェレン》《マリゴス》から《聖なる一撃》《思念撃破》の火力を大幅に上げ、一気に相手のライフを焼き切るデッキ。 《預言者ヴェレン》《マリゴス》は《霊魂鞭打》とも相性が良く、全体ダメージの火力を上げながら一気にこちらのライ…

OTKパラディン(Asmodai使用レジェンド)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 【OTKパラディン】の基本的な動きはこちらの記事参照↓ このデッキの特徴はこの二枚の採用。 《英雄ポーション》がドローソースとして使用することができ、《リネッサ・サンソロウ》も自身の効果から《英雄ポーション》を再度使用することでド…

召喚師ドラゴンプリースト(Purple使用レジェンド)デッキ紹介

デッキレシピ↓ このデッキの特徴は《影の超越者》の採用。 1ターン目に出した《ノースシャイアの聖職者》をこのカードから強化するムーブが強力で、3ターン目に《カバールのカギ爪のプリースト》《タール・クリーパー》を出すことで場持ちも良くなる。 立ち…

進化シャーマン(Finadan使用レジェンド8位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ このデッキの特徴はナーフされた《回廊漁り蟲》が採用されていたこと。 ナーフからスタッツは大幅に落ちたものの、コスト減からの出しやすさからは相変わらずで、その性質から進化と非常に相性が良い。 このデッキでは単体での戦力というより…

バーンズスペルハンター(Firebat使用)デッキ紹介

デッキレシピ↓ ミニオンを《バーンズ》《放たれし激昂ヤシャラージュ》だけ採用した【スペルハンター】。 これにより《バーンズ》の効果から確実に《放たれし激昂ヤシャラージュ》をコピー、さらにその効果からデッキにあるヤシャラージュ本体を招集すること…

ミラクルローグ(Gyong使用レジェンド1位)デッキ紹介

デッキレシピ↓ 《怪盗紳士》《海賊パッチーズ》の代わりとなる1マナミニオンとして《ファイアフライ》が採用されている。 1ターン目の動きとして使い勝手が良いのはもちろん、雄叫びから手数を増やせるカードなのでコンボや《エドウィン・ヴァンクリーフ》と…